概要

お客様の課題に適したディザスタリカバリ環境をご提案

昨今、災害時のシステム停止やパンデミックによる運用人員不足などに備え、ITインフラ・システムの継続を目的としたシステムの冗長化・分散、データバックアップ、運用体制の確保などのディザスタリカバリ(DR)の必要性が高まっています。KCCSは、お客様のビジネスパートナーとしてお客様と課題を共有し、ともに創りあげていくDRをご提案します。

概要図

自然災害、パンデミック、社会インフラの障害などのリスクに備え、コストとリスクのバランスが取れた効率的なDRが必要。バックアップ環境に切り替わっても運用が継続できる体制やIT資産情報管理が必要。リストア作業における適切な技術・人材・プロセスの確保が必要。KCCSデータセンターでは、専用網を使って東京のKCCS ITマネジメントセンターがお客様環境を遠隔監視。京都データセンターではデータ同期・輸送・機密情報保管を実施。東京第1~第3データセンターでは環境維持・リストアやスタッフ訓練を行います。

特長

  • 1信頼性のあるデータセンター

    地震や火災などの自然災害に備え、空調・電源が整備された堅牢なファシリティで運営しているため、災害発生時の影響を最小限に抑えることができます。また、東京3か所、京都1か所でデータセンターを運営しているため、遠隔地を活用したDRが可能です。

  • 2KCCS ITマネジメントセンターによる統合的な運用・監視体制

    KCCS ITマネジメントセンターから、KCCSデータセンターはもちろんパブリッククラウドや他社データセンター、お客様環境への遠隔監視を行うことで、迅速な障害検知と復旧、統合的なDRのマネジメントが可能です。東京と京都間で運用基盤・体制を冗長化しているため、いずれかの拠点がダメージを受けた場合でも短時間で切り替えることができます。また、保守契約情報やシステム構成などIT資産情報を可視化し一元管理しているため、災害発生時に影響範囲を即座に把握し、情報展開を行うことで迅速な復旧が可能です。

  • 3お客様課題に応じたソリューションメニュー

    お客様システムごとに必要とされるサービスレベルに応じたサービスメニューを組み合わせ、適切なDR環境を支援します。

内容

お客様ポリシーとシステムの優先順位に合わせて、お客様ごとに適したDR環境を構築

  • ホットサイト:専用ミラーサイト型DR

    • お客様環境と同様のサーバ構成をKCCSデータセンターに事前に設置し、稼働
    • データ同期を行い、災害時には即座に切り替え可能
  • ウォームサイト:クラウド型DR

    • KCCS クラウド環境に仮想サーバを構築
    • 非同期でのデータバックアップを行い、災害時にはツールによるリストア
  • コールドサイト:バックアップ+代替ハードウェア(H/W)型DR

    • テープバックアップを行い、KCCSデータセンターへ輸送し、保管
    • 代替機を用意し、災害時にセットアップとリストア

サービスメニューイメージ

①ホットサイト:専用ミラーサイト型DR、②ウォームサイト:クラウド型DR、③コールドサイト:バックアップ+代替H/W型DR
  • ご要望に応じた個別提案となります。

製品・サービストップへ戻る

導入事例

関連カタログ

ICTカタログセンター

  • お問い合わせ