デジタルファクトリーソリューション

製造業の経営課題

製造業は品質改善、原価低減、納期短縮、安全性向上、少量多品種、高齢化人手不足、グローバル対応など多くの経営課題を抱えています。それらの経営課題の解消に、DXの導入を検討する企業も増えておりますが、DXを進め始めた時に、例えば特定ラインからスマートファクトリー化を進めたがカスタマイズしているため横展開できない、各工程・各部門ごとに改善活動が進みDXを全社活動として推進できないといった新たな課題に直面するのも事実です。これらの課題を解消し、本来の目的である多くの経営課題を解決するためのDXソリューションをご提供します。

KCCSが選ばれる理由

企業のものづくりDXを支えているノウハウが詰まったソリューション

親会社である京セラ株式会社の実績を元に、2021年10月に Google Cloud カスタマー アワードを製造業の分野で受賞。実績のあるサービスを提供します。

Google Cloud Customer Award Winner Manufacturing

最新のテクノロジーを駆使して課題を解決

自社ノウハウだけでなく、Google株式会社Rist(画像認識AI技術)など、技術力の高い企業と連携することにより、お客様の課題に合わせた提案が可能です。

Google Cloud Partner,Rist

豊富な実績の運用監視サービス

通信キャリアなどミッションクリティカルなITシステムを長年運用している24時間365日の運用監視をご利用いただけます。

MSPサービス

デジタルファクトリーソリューションとは

DXレベルマップ

お客様のDXレベルに応じたソリューション

DXのレベルには収集・蓄積から制御・最適化までの「DX導入レベル」と、未着手からグローバル展開までの「DX推進レベル」の2軸があると考えています。中でも、一部の工程・部門からスタートしたDXを全社に展開する時に、横断的な仕組みを作る活動が必要であり、ここに「全社展開の壁」があると考えています。
当社ではDXプロジェクトを進めてきた実績をもとに、DXの進め方のベストプラクティスを体系的に表した「DXレベルマップ」を用意し、お客様のDXレベルに応じたソリューションとして「ユースケース」、「デジタルプラットフォーム」、「DXポータルサイト」を提供しています。

特長

  1. DXレベルや課題に応じた段階的なDXの導入を伴走支援します →DXレベルマップを活用したアセスメント
  2. データ収集の仕組みと展開プロセスを標準化します →ユースケース活用ソリューション
  3. エッジからクラウドまで迅速に実装することができます →デジタルプラットフォーム
  4. 標準化された仕組みを全社展開するためのDXポータルサイトをご用意しています →DXポータルサイト
デジタルファクトリーソリューション

ポイント

ポイント① ユースケース活用ソリューション

ユースケース活用ソリューションとは、各現場の課題をデジタル技術により解決するソリューション群の総称です。

PLCデータ収集

PLCよりデータを収集し、設備の情報をデジタル化するソリューション。設備の稼働状況を確認したい場合に有効。

温度予兆

電源内蔵・通信機能(LPWA)を搭載したセンサーで気温・湿度を測り、予測するソリューション。プレス機の調整条件予測や原料の歩留まり改善に有効。

振動予兆

機械に直接センサーを取り付けるだけで稼働状態・振動データが取得できるソリューション。故障予兆に有効。

この他のユースケースについてはお問い合わせください

ポイント② デジタルプラットフォーム

現場で発生する実績データの収集、ERPや基幹システムからの各種マスタ情報・伝票情報をデジタルプラットフォームに取り込む事で、現場の状態の可視化やタイムリーな実績の収集、工場全体のデータ分析のためのデータレイクの構築等工場のデジタル化に必要な基盤を提供します。
これらの基盤を構成するために必要なエッジサーバ、ネットワーク、クラウドを組み合わせたトータルなソリューション提供により、工場のデジタル化をスムーズに推進いただけます。

デジタルプラットフォーム

ポイント③ DXポータルサイト

データを各現場から一つのデジタルプラットフォームに集めるには、標準化されたユースケースをカタログメニューで展開することにより、短期間で社員が自律的にデータ収集を行えるようになります。

DXポータルサイト

製品・サービストップへ戻る

導入事例

  • Webでのお問い合わせ