通信エンジニア

通信エンジニアとは?
通信分野で社会インフラを支えるエキスパート

通信エンジニアの仕事とは

現代社会に無くてはならない携帯電話やスマートフォン、その無線ネットワークを構築するのが通信エンジニアの仕事です。電波品質調査、設計、建設工事、保守とワンストップサービスを提供します。現在主流のLTEやWiMAXはもちろん、次世代通信の5Gネットワーク構築にもKCCSは携わります。常に最新の技術に触れるだけでなく、まさしく社会インフラである無線通信を作る・守る仕事ですので、人々の生活を根底から支える社会貢献度の高い仕事だと言えます。

通信エンジニアの仕事の流れ

  1. 1
    電波品質調査
    電波が弱いと思われるエリアの電波状況を調査・分析し、営業とともに通信会社様に基地局設置の提案を行います。
  2. 2
    設計・置局交渉
    基地局設置のエリアが確定した後、具体的にどこに設置すべきかを検討します。電波が届く範囲をシミュレーションし、その後の設計を経て候補場所を決定し、オーナー様と借地交渉を行います。
  3. 3
    建設工事・機器調整
    設置場所が確定した後、設計に従って部材の手配を行います。電源設備・基地局装置・有線回線敷設などの工事を行ない、さらに設置した基地局装置に対して最適な設定へと調整業務を行います。
  4. 4
    回線開通・保守
    設置した各種装置を監視システムと疎通するための開通作業を行い、サービス提供を開始します。異常が発生した場合は、該当する基地局を復旧させるために保守作業を実施します。 いつでもどこでも誰とでも安定した通信を提供する重要な役割を担っています。

通信エンジニアとして働く人

ENTRY

各採用のエントリーはこちらから受け付けています。

ENTRY