トップメッセージ

京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は、京セラの社内ベンチャーとして発足したシステム部門が分離・独立し、1995年にスタートしました。その後、ITソリューションの開発や通信インフラの構築により事業の拡大を続け、今ではKCCSグループとして、国内6社、海外7社、売上は1300億円を超える規模に成長しました。我々の成長を支えたものは「お客様の期待を超える」という社員の想いだと考えています。今後もKCCSグループは、この想いをベースに新たなソリューションを創造し、さらなる飛躍に向かって挑戦し続けます。

シナジーを発揮し、総合力で勝負する

KCCSグループには、成長を続ける4つの事業があります。企業活動の情報基盤を支える「ICT事業」、社会の通信基盤を支える「通信エンジニアリング事業」、環境との共生基盤を支える「環境エネルギーエンジニアリング事業」、企業の経営基盤を支える「経営コンサルティング事業」です。特にICTと通信の分野は、この20年で大きく進化・発展し、現在も日進月歩で新しい技術やサービスが生まれています。KCCSグループは、成長著しいこれらの分野で、環境エネルギーや経営コンサルティングを加えた4つの事業のシナジーを最大限に発揮し、さらなる付加価値の創出や新たな事業展開を図っていきます。

そして、私たちKCCSグループが持つICT技術、通信・環境エンジニアリング技術、アメーバ経営手法を基盤にした事業展開により、次の3点の実現を目指しています。

  • コミュニケーションの明日を切り拓く
  • 社会の課題を解決する
  • 働く仲間が幸せになる会社

この実現に向けて、KCCSでは現在、AI、5G、IoT、そして再生可能エネルギーの各分野において、新たな技術的優位性を確立し、それを武器に総合力で勝負していく方針を掲げています。そして最終的には、SDGs(Sustainable Development Goals)の実現を通して、人類、社会の進歩発展に貢献することが私たちのビジョンです。

これからの働き方~自分のキャリアは自分で決める~

KCCSグループでは、一人ひとりの働く仲間を大切にし、誰もが働きやすく働きがいのある会社を目指しています。社会環境の急速な変化に伴い、テレワークなど、柔軟かつ多様な働き方が広がりつつあります。これからは、自分が何を目指し、どんなキャリアを歩むのかを自分自身で考え、それぞれ思い描くキャリアの実現に向けて、未来志向で行動することが大切です。KCCSは、「将来こうありたい」という社員一人ひとりの夢や思いを叶えることのできる会社でありたいと思います。皆さん自身の手で、自分の将来を作り、ともにKCCSグループの未来を作っていきましょう。熱意溢れる皆さんの応募をお待ちしています。

代表取締役社長 黒瀬 善仁

ENTRY

各採用のエントリーはこちらから受け付けています。

ENTRY