社長メッセージ

京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は、京セラの社内ベンチャーとして発足したシステム部門が分離・独立し、1995年にスタートしました。その後、ITソリューションの開発や通信インフラの構築により事業の拡大を続け、今ではKCCSグループとして、国内6社、海外7社、売上は1,200億円を超える規模に成長しました。
我々の成長を支えたものは「お客様の期待を超える」という社員の想いだと考えています。
今後もKCCSグループは、この想いをベースに新たなソリューションを創造し、さらなる飛躍に向かって挑戦し続けます。

シナジーを発揮して変化する時代に挑む

KCCSグループには、成長を続ける4つの事業があります。 企業活動の情報基盤を支える「ICT事業」、社会の通信基盤を支える「通信エンジニアリング事業」、環境との共生基盤を支える「環境エネルギーエンジニアリング事業」、企業の経営基盤を支える「経営コンサルティング事業」です。 特にICTと通信の分野は、この20年で大きく進化・発展し、現在も日進月歩で新しい技術やサービスが生まれています。KCCSグループは、成長著しいこれらの分野で、環境エネルギーや経営コンサルティングを加えた4つの事業のシナジーを最大限に発揮し、さらなる付加価値の創出や新たな事業展開を図っていきます。

そして、私たちKCCSグループが持つICT技術、通信・環境エンジニアリング技術、アメーバ経営手法を基盤に、その総合力で次の3つのビジョンの実現を目指しています。

  • コミュニケーションの明日を切り拓く
  • 社会の課題を解決する
  • 働く仲間が幸せになる会社

これらのビジョンの実現に向けて、現在は新たな技術として、AI、5G、IoT、そして再生可能エネルギーの研究開発に注力し、その技術を活用します。そして最終的には、SDGs(Sustainable Development Goals)の実現を通して、人類、社会の進歩発展に貢献することを目指します。また、KCCSグループでは、一人ひとりの働く仲間を大切にし、以下の想いを持って事業に取り組んでいます。

人の数だけ、チャレンジの分だけ、可能性は広がる
多様なバックグラウンドを持った人材と、新たなチャレンジを通じてこれからのKCCSを創り上げたい

私たちを取り巻く環境は、昨今急速に変化しています。私たちは、この変化に適応し、従来のやり方に固執することなく、私たち自身を柔軟に変えていかなければなりません。そのためには、多種多様な価値観やバックグラウンドを持つ人材が不可欠です。環境の変化をチャンスと捉え、そういった仲間とともに、新たな夢を描き、目標を追いかけたいと考えています。

夢や目標に向かって新しいことを始めるためには、チャレンジする心が必要です。
誰もが自分のやりたいことを自由に思い描き、それを意思表示し、熱意と努力を持続することで認められる。時には失敗することもあるかもしれませんが、それも次の成功に向けた教訓として、皆で受け入れる。そのように、失敗を恐れず挑戦を続け、チャレンジを通じて成長してきたというのが、KCCSの発展の歴史です。

夢や目標の先にある、理想の社会や自分自身の姿を思い描き、その理想を実現するために計画を立て、実行する。そして皆で達成感やその喜びを共有しながら、3つのビジョン「コミュニケーションの明日を切り拓く」「社会の課題を解決する」「働く仲間が幸せになる会社」、これらの実現を目指していきたいと思います。
私たちと一緒にこれからのKCCSを創っていきませんか。熱意あふれる皆さんの参画をお待ちしています。

代表取締役社長 黒瀬 善仁

ENTRY

各採用のエントリーはこちらから受け付けています。

ENTRY