ダイバーシティ&インクルージョン

KCCSではダイバーシティ&インクルージョンの推進にあたり、⼀⼈ひとりが個性を発揮して活き活きと働くことができる環境づくりが必要と考え、柔軟かつ多様な「働き⽅」の⽀援に取り組んでいます。

⼥性の登⽤・活躍の推進

女性社員比率

25.4%
  • 2021年3月時点

女性管理職比率

7.5%課長以上 目標:2030年度末 30% 以上
  • 2021年3月時点
  • 課長以上(副課長も含む)の男女合計人数に占める女性の比率

女性部長比率

3.7%
  • 2021年3月時点
  • 部長以上(副部長も含む)の男女合計人数に占める女性の比率

女性役員数

常勤役員数4名
  • 2021年7月時点

従業員の半数が所属するICT事業本部のトップを女性役員が務めています。

多様な人材の活躍

障害者雇用率

2.2% 2022年度目標:2.3%以上
  • 2021年3月時点

外国籍管理職人数

2名
  • 2021年7月時点

KCCSだけでなくグループ全体でも外国籍メンバーが活躍しており、国内グループ会社には代表取締役社長を韓国出身者が務めている会社もあります。

外国籍従業員数

49名
  • 2021年7月時点

KCCSでは、中国・韓国・インドネシア・ミャンマー・ベトナム・マダガスカルなど、さまざまな国籍の従業員が活躍しています。

再雇⽤制度

KCCSでは⼀度KCCSを離れ、違う環境でさまざまな経験や知識を得た⽅に、再びKCCSで⼒を発揮していただくためのウェルカムバック制度や、定年後の再雇⽤制度など、豊富な知識・経験を持つシニア⼈材が安⼼して活躍できる環境を整備しています。

ウェルカムバック採用

サステナビリティへ戻る