健康経営宣言

私たち京セラコミュニケーションシステム(KCCS)では目指す姿、ビジョンの一つとして「働く仲間が幸せになる会社」を掲げています。

私はすべての従業員が仕事を通じてやりがいや喜びを感じ、自己実現や成長につながるように働くことができれば、お客様に満足いただくことができ、会社も成長できると信じています。

そこでKCCSは、従業員の健康状態に配慮し、「心身の健康」の改善・向上を図るため、京セラグループの総合的な健康増進活動(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)をベースに、「健康経営」を実践してまいります。

そして、京セラグループの経営理念「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」の実現に向け、成長し続ける企業を目指してまいります。

2021年3月29日
代表取締役社長 黒瀬 善仁

健康経営推進体制

KCCSは健康経営を推進するにあたり、経営層をはじめ各本部推進者・拠点責任者・健康経営推進部門・安全衛生委員会から構成される健康経営委員会を組織しています。

健康経営委員会では、全従業員の「心身の健康」の改善・向上を図るために、定期的な会議を実施し、健康経営施策の進捗状況の確認、新規施策の検討を行っています。

この健康経営委員会で決定した施策に対して、健康保険組合や産業医・看護師・社員会とも連携し、全従業員が一体となって取り組んでいます。

京セラグループの健康づくりに関する取り組み

京セラグループの健康づくりに関する取り組みを見る