従業員とともに

人事

KCCSは、人事理念に基づき、全従業員が会社への誇りと仕事へのやりがいを感じられるよう、人事諸制度や人づくりに必要な教育制度の構築に取り組んでいます。

人事理念

常に人事諸施策の適切な運営と改革に取り組み、全従業員が会社への誇りと仕事へのやりがいを感じ、互いに苦楽をともにできる職場風土づくりを通じ、経営理念の実現に貢献すること

多様性の尊重

KCCSでは、グローバル化への対応や、障がい者雇用への取り組み、女性の活躍の推進、「シニア社員制度」の導入などを行い、多様性を活かした組織づくりに力を入れています。

ワークライフバランス

KCCSは、「育児休職制度」や、「短時間勤務制度」、「介護休職制度」などを設け、仕事と家庭生活の両立を支援しています。

人材開発

KCCSでは、個人の業務目標や成果・スキル目標を年2回「有言実行シート」としてまとめ、上司と部下の面談を実施しています。これにより、社員一人ひとりが自らの役割を理解し主体的に仕事や能力開発に取り組むことができ、また上司も部下と考えを共有することで、組織としての目標達成力、業務遂行力の向上を目指します。

社員教育

KCCSでは、すべての社員が人として正しい考え方を学び身につけていくことを目的に、京セラフィロソフィ研修を行っています。また、「現場に活きる研修」と「人格向上に繋がる研修」を基本ポリシーとして、より現場に密着した社内教育体制を構築しています。

全社共通研修

フィロソフィ研修
  • 職制別に開催
リーダー向け教育研修
年次研修
  • 新入社員研修
  • 中途入社研修
  • 2年次研修
  • 研究レポート
指名型研修 メンター研修

KCCSの全社共通研修は、京セラフィロソフィの理解・浸透・実践を目的として実施する「フィロソフィ研修」、リーダーとして求められる役割を再認識し、必要なスキルを身に付ける「リーダー向け教育研修」、入社後に社内のさまざまなルールや規則などを学び、またお互いの成長を確認し合う「年次研修」、対象の受講者を指名して実施する「指名型研修」で構成されています。

関連情報

「京セラフィロソフィ」について下記サイトにてご紹介しています。

専門職教育

「ICT」「通信エンジニアリング」「環境エネルギーエンジニアリング」「経営コンサルティング」の事業部門ごとに専門職教育を行い、お客様に最適なサポートを提供するために必要な技術・スキルの習得を図っています。

語学教育

語学力向上のための各種教育・研修を展開し、グローバルな事業展開に貢献できる人材の育成に取り組んでいます。

労働安全衛生

KCCSでは、「安全で安心、そして心身ともに健康で活き活きと働ける職場環境づくり」を目指すため、全員参加による労働安全衛生活動を実践し、従業員の負傷および疾病の予防に取り組んでいます。

労働安全衛生マネジメントシステム ISO 45001

京セラグループでは、「ISO 45001」に基づく労働安全衛生活動を推進しています。本システムを活用し、労働災害の低減や快適な職場づくり、心身の健康づくりおよび防災活動に取り組みます。

登録事業者 京セラコミュニケーションシステム株式会社
(京セラグループの一員として統合認証)
認証取得日

2005年10月4日(京セラグループ登録日)
(KCCSの加入登録は2008年10月)

審査・登録機関 BSIグループジャパン株式会社
登録番号 OHS 635471

OHS 635471 / ISO 45001

パーフェクト5S推進活動

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)は仕事をする上での基本となることから、京セラグループでは、完璧な5Sを目指した活動を「パーフェクト5S推進活動」と称してグローバルに展開しています。本活動により、安全で安心して働ける職場環境づくりと、社員一人ひとりの5Sに対する意識改革と感性アップを目指します。

健康づくりに関する取り組み

当社では、すべての従業員が健康への意識を高め、心身の健康を維持できるよう、さまざまな取り組みを展開しています。

THP(総合的な健康増進活動)の取り組み

京セラグループでは、従業員の心身の健康を維持・増進し、従業員に健康で良かったと感じてもらうこと、会社としての生産性を向上させ活気ある集団にすることを目的に、THP=トータル・ヘルス・プロモーション・プラン(総合的な健康増進活動)を展開しています。京セラグループ全体で従業員の健康増進に取り組むことを「健康経営宣言」により明確にし、食事対策・運動対策・禁煙対策・メンタルヘルス対策などの健康増進活動を従来にも増して実施し、必要な体制の整備やシステムの構築をはかることで社員一人ひとりがいきいきと働くことができる健康経営優良企業を目指します。

京セラグループ健康経営宣言

京セラグループでは、創業当初より、「全従業員の物心両面の幸せを追求すると同時に、人類社会の進歩発展に貢献すること」を経営理念に掲げ、経営を行って参りました。

この経営理念を実現するためには、従業員の心身の健康が、必要不可欠であることから、京セラグループとして、総合的な健康増進活動(トータル・ヘルス・プロモーション・プラン)に取り組み、「健康経営」を実践して参ります。

そして、全ての従業員が、健康に働くことができる喜びを感じるとともに、一人ひとりが、持てる力を最大限に発揮し、明るく、活力溢れる集団であり続けることを目指します。

2018年7月3日
京セラ株式会社 代表取締役社長
谷本 秀夫

メンタルヘルスケア対策

事業を持続的かつ健全に運営していくためには、従業員が身体の健康だけでなく、「心の健康(メンタルヘルス)」も良好に保つことが重要となります。活き活きと働ける職場環境づくりを目指し、一人ひとりが心の健康を維持できるようメンタルヘルスケアに積極的に取り組んでいます。

メンタルヘルス教育の実施

KCCSでは、全社員を対象に、自分の心の状態を知り、ストレスをコントロール(軽減)できるようになるための基本的知識を学ぶ「メンタルヘルス セルフケア教育」を実施。さらに、責任者を対象に「メンタルヘルス ラインケア教育」を実施し、メンタルヘルス疾患の予防に取り組んでいます。

ストレスチェックの実施

KCCSでは、労働安全衛生法によりストレスチェックが義務化される以前の2008年より、メンタルヘルスケアの一環としてストレスチェックを実施し、メンタルヘルス疾患の予防、早期発見に努めています。

CSR活動トップへ戻る