社会貢献活動の基本的な考え方

社会貢献活動への考え方

KCCSでは、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」という経営理念に基づき、社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。KCCSのテクノロジーなどを活用した事業を通じての社会貢献と、事業とは離れた部分での社会貢献活動を通じ、誰もが健やかで豊かな生活ができるよう、地域あるいは広く世界において社会の進歩発展のお役に立つことを常に念頭に置き、社会貢献活動を継続して行っていきます。

KCCSの社会貢献活動の考え方

社会貢献活動の推進体制

KCCSでは、「社会貢献」に関する具体的施策の実行・推進を行うため、社会貢献委員会を設置しています。そして、「社会貢献活動への考え方」を理解し自ら行動できる社員を創出するための体制を構築し、全社的な活動から拠点単位の活動まで、地域・社会に貢献できる活動を立案・実行しています。

社会貢献活動の推進体制

社会貢献に関する制度の制定

KCCSは、社員がより社会貢献活動に参加しやすい環境をつくるため、ボランティア支援規程を設けています。社員が持つ技術、意欲などを存分に発揮できる社会的事業への参加をサポートする「ボランティア休暇制度」や、青年海外協力隊に参加する際に適用される「青年海外協力隊参加支援休職制度」を制定し、制度面からも活動を支援しています。

CSR活動トップへ戻る