通信エンジニア

何もなかった場所に自分が設計した基地局を築き上げる

2015年入社

エンジニアリング部 移動体エンジニアリング課 Y.O

あなたにとって働くとは?

生きるために必要なこと、自分自身を成長させてくれる場所

KCCSに入社を決めた理由は?

ものづくりへの強い興味

大学の教授の推薦でKCCSの存在を知りました。周りの友人はIT企業やメーカーに就職している人が多かったのですが、直感的に自分はスーツよりも作業着を着て仕事している方が良いと思いました。また、元々ものづくりに興味があったため、目に見えないものを作るより、目に見えるものをつくりたいという気持ちから、通信エンジニアリング事業に携わることができるKCCSへの入社を決めました。

働いて発見したKCCSの面白さは?

若手のうちから責任のある仕事を任せられる

若手のうちから責任のある仕事を任せていただけることです。責任のある仕事には自発的な働きも求められ、確かに大変な面も多いですが、言われたことをただ黙々とこなすより、達成感は非常に大きいです。やるべきことも、覚えることも多いですが、それ以上に得られるものが多い職場だと思います。

ご自身の仕事内容と、超えてきた経験は?

自分の図面から、何もない場所に基地局を設置

移動体通信無線基地局の置局・設計・工事です。置局とは土地オーナー様に基地局建設の承認をいただくこと、設計とは基地局をどこに設置するのかを検討すること、工事とは強度対策や電源設備・基地局装置・有線回線装置の設備工事を行うことです。自分が作成した図面から、何もなかった場所に基地局が設置されていくのはとてもやりがいを感じます。また、不要となった基地局の撤去工事にも面白みを感じています。まるで最初から何もなかったかのように、設備をすべて撤去します。失敗することもありますが、それをバネにひとまわり成長したと言われるような仕事をしていきたいです。

今後目指す、未来の自分は?

知るべきことを知り、なすべきことを成す

知るべきことを知り、なすべきことを成す人材です。人や会社を引っ張るリーダーとなるためには、自分自身が誰よりも業務・組織について理解している必要があります。それに加えて、知識だけの頭でっかちでは説得力が伴いませんので、道を極めたスペシャリストとしての実践力も携えたいと考えています。そのために今できることは、たとえ小さな疑問でもそのままにせず、主体的に学ぶ姿勢を持つことです。分からないこと・気になることがあれば、まずは自ら調べ、それでも分からなければ質問する、そして行動へ移す。そうした小さな積み重ねから、一つひとつ自分の知識・経験を蓄えていきたいと思います。

プライベートなこと聞いてみました

出身地は?
愛知県
休日の過ごし方は?
飲む、麻雀、ジム
好きな食べ物は?
牛肉、鶏肉、こんにゃく
自分を動物に例えると?
胸が高鳴るときは?
手牌が良いとき
弱点は?
知覚過敏、歯周病、痰のつまり
必殺技は?
鼻をかまない

ENTRY

各採用のエントリーはこちらから受け付けています。

ENTRY