研究

通信技術の未来を創る

2016年入社

経営企画部 研究部 W.S

あなたにとって働くとは?

人に喜びを与えるとともに、自分の存在意義を探すこと

KCCSに入社を決めた理由は?

人とのつながりを大切にする社風

大学院では流体解析でコンピュータシミュレーションを扱っていましたが、プログラム実行範囲内のことには詳しくなっても、ネットワーク周りなど全体で見るとITには疎い自分がいました。将来的には資源の安定供給の一助となるような仕事をしたいと考えていたのですが、世界的な広がりを持つ問題という特性に対し、今のままの情報リテラシーではまずいという危機感を覚えIT業界を目指しました。そのときに出会ったのがKCCSです。ハードウェアとソフトウェアの両方を扱っているという点と、人とのつながりを大切にする社風が気に入り入社を決めました。

働いて発見したKCCSの面白さは?

人のつながりが感性の枠を広げる

入社前に感じた、人とのつながりを大切にするという点に現実とのギャップがなく、業務においても他部署の方との連携がとりやすいです。また社員の方の出身地域も多様で、さまざまなバックボーンを持った方に触れ、自分の感性の枠も広がっていると感じています。上司との距離感も近く、仕事に対する熱意が伝わってきて自分の存在価値について刺激を受けることが多く、トップダウンによる流れ作業のような働き方ではなく、自分の意見を聞いてもらえるのがKCCSの良さだと思います。

ご自身の仕事内容と、超えてきた経験は?

プログラミングから、ビッグデータの解析へ

私は通信分野において、現在普及している技術を改善するというテーマで研究を進めています。具体的には2点あります。1点目は、地域ごとの電波の飛び方を明らかにするためのシミュレータの作成。2点目は、それらの電波の飛び方に関するビッグデータを活用したデータ分析です。前者はプログラミングを駆使して、チームメンバーと議論しながらアルゴリズムをソフトに組み込み、シミュレータに落とし込んでいます。後者はこれまでの人生で携わったことのない分野でしたので、理解にかなり苦労しました。今ではビッグデータにどのような特徴があるのかを明らかにしようと日々数字とにらめっこしています。地味な作業に聞こえるかもしれませんが、その分、数字から新たな事実が見つかったときの喜びはひとしおです。

今後目指す、未来の自分は?

人間が求める価値の本質を見出せる技術者

「データ分析に通じた研究者となり、新たな価値を見出せるようになる。」IoTの普及により、世の中で取得されるデータの種類や数が莫大になっています。これらは人間の活動の履歴であり、それを遡れば、それぞれの人が何に価値を見出し行動したのかを考え知ることができます。便益ばかりが重視され続けていた技術開発ですが、最近では精神的・身体的な潤いなどの価値も大事にしようとする風が世に吹き始めたと感じています。"何のために便利にしたいのか"意味創造が薄かったこれまでに対し、人間が求める価値の本質を見出せる技術者になっていこうと思っています。

プライベートなこと聞いてみました

出身地は?
大阪府
休日の過ごし方は?
料理、散歩、お昼寝、登山、ウィンドウショッピング
好きな食べ物は?
紅茶、洋菓子、ぶどう
自分を動物に例えると?
うさぎとひつじ(理由:ご飯の食べ方が似てるらしい、あと天パ)
胸が高鳴るときは?
車を運転しているとき
弱点は?
朝の低血圧、動物性油脂、頼られるとき、一生懸命な人
必殺技は?
忍耐

ENTRY

各採用のエントリーはこちらから受け付けています。

ENTRY