Sigfoxを始めよう

Sigfox通信を利用してみましょう。下記手順でSigfoxを利用してメッセージを取得し、Webアプリケーションサーバと連携し、可視化できます。

このページでは、初めてSigfoxサービスをご利用される方を対象にしています。Sigfoxを利用した商用サービスを行う方はパートナー登録が必要です。お問い合わせからご連絡ください。

デバイス入手

Sigfoxデバイスは国内外で数百のSigfoxパートナーから提供されており、さまざまなデバイスがあります。開発キットとしてSigfox Breakout Board(SNOC製SMK製)、Sigfox Shield for Arduinoなどがありますので、入手してみましょう。

開発キット以外のSigfoxデバイスや、モジュールは対応製品ページからご確認、ご購入いただけます。

Sigfox回線の入手、デバイスの登録、回線の紐づけ

次に入手したデバイスをSigfox Backend Cloudに登録した後、デバイスに回線を紐づけ、Sigfox通信を行うことができるようにします。

Sigfox Backend Cloudではデバイスの情報や、メッセージを確認することができます。回線を入手し、紐づける方法はデバイスによって異なります。以下を参照して、回線入手、デバイスの登録、回線の紐づけをしてみましょう。

開発キット(DevKit)

初年度利用
開発キットは1年間の無償回線付き

デバイスの登録
回線の入手
Activate my DevKit

初継続利用
2年目以降継続して利用される方

回線の購入
Buy Connectivity

  • モジュールを組み込んだ自作デバイスのご利用をお考えの方へ
    モジュールには、1年間の無償回線が付帯しています。購入元に利用方法をご確認ください。
    商用利用の際には無償回線は付帯しません。担当営業にお問い合わせいただくか、Sigfox Buyで回線を購入ください。

メッセージ送信

回線をお手持ちのデバイスに紐づけし、デバイスからメッセージを送信して、Sigfox Backend Cloudでメッセージを確認してみましょう。

メッセージ送信

メッセージ確認

デバイスから送信したメッセージを、Sigfox Backend Cloudで確認してみましょう。

  1. Sigfox Backend Cloudにログイン
  2. 上部DEVICEタブをクリックし、該当のデバイスIDを選択 Device Information画面になります。
  3. 左MESSAGESメニューをクリックすると、メッセージを確認できます。

なお、各デバイスメッセージの項目については以下の技術情報ブログをご確認ください。
Sigfoxデバイス管理 – デバイス管理

データ連携、メッセージの可視化

次はメッセージを可視化してみましょう。
メッセージを可視化するためには、Sigfox Backend CloudからWebアプリケーションサーバにメッセージを転送する必要があります。メッセージをWebアプリケーションサーバに転送するには、Callback、もしくはAPI連携の設定を行います。

Callback

デバイスのメッセージ送信ごとに、Sigfox Backend CloudからHTTP / HTTPSによりWebアプリケーションサーバにメッセージをリアルタイムに自動転送する機能です。
設定方法

API連携

API連携をすることでSigfox Backend Cloudに対し、Webアプリケーションサーバからクラウドのグループ・ユーザ・デバイスの登録、編集、削除をすることができます。
設定方法

データの可視化

それではSigfox Backend Cloudに送られたメッセージを可視化してみましょう。Sigfox Backend Cloudと連携したダッシュボードが簡単に作成できます。

その他Sigfox Backend Cloudについて

Sigfox Backend Cloudの管理の仕組み

Sigfox Backend CloudとプラットフォームをCallback連携する方法

参考情報

その他Sigfoxに関する情報は以下のリンク先をご参照ください。

Sigfoxを利用した位置情報サービスはこちらをご覧ください。