アメーバ経営について

アメーバ経営は、京セラ名誉会長 稲盛和夫が会社を経営していく中で、実体験から編み出した経営手法です。アメーバ経営を行っている京セラは、1959年の創業以来一度も赤字を出しておらず、1984年に創業されたKDDIの前身である第二電電も高収益を上げ、発展し続けています。アメーバ経営は、かつて京セラグループ内で門外不出とされてきましたが、対外的にもコンサルティングを行っていくことに方針を転換、専門展開するために設立されたのが京セラコミュニケーションシステム(KCCS)の経営コンサルティング事業本部です。これまでさまざまな企業に導入され、近年では、日本航空(JAL)の再建や医療・介護分野へ導入・運用されるなど、アメーバ経営も進化・発展するとともに、大学などの機関からも着目され、学術的な見地からも研究が進められています。

全社員が経営に参加する仕組み「人を活かす経営手法」

アメーバ経営は稲盛和夫の「会社経営とは一部の経営トップのみで行うものではなく、全社員が関わるものだとの考えに基づき、会社の組織をできるだけ細かく分割し、それぞれの組織の仕事の成果を分かりやすく示すことで全社員の経営参加を促す経営管理システムである」という考え方が貫かれています。
経営に関わるとは、経営者だけでなく社員も自分たちの収支を管理し、利益に対してしっかり責任を負うことを意味しており、全社員が利益管理に取り組みます。
アメーバ経営は会社組織を「アメーバ」と呼ばれる小集団組織に分け、各アメーバのリーダーが経営者のように小集団組織の経営を行います。
アメーバを構成するリーダーとメンバーは、自部門の利益を最大化させることを目標に創意工夫を行い、日々の仕事に取り組むようになります。

組織を細分化し収支責任を明確にする / 部門別採算制度を導入し仕事の成果を「時間当り付加価値」として数字で見える化する
 → 時間当り付加価値(収支)を向上するための創意工夫や努力をする → 現場(全社員)の知恵を活かし収支を向上する(経営に参加する) = 全員参加経営の実現

アメーバ経営の目的

全員参加経営の実現

企業が継続して発展していくためには、社員全員が1つの目的のために協力し合えるような風土を醸成することが大切な要素となります。そのため、「アメーバ経営」では、社員全員の能力を最大限に発揮できる経営環境を実現することを目指します。社員全員が経営に参画して、一人ひとりが経営者意識を高めることによって、自らが所属するアメーバのために、そして会社全体の業績のために、貢献していこうと懸命な努力をしていくのです。

  • 自己実現の現場を生む
  • コミュニケーションの円滑化
  • 目標を達成する喜び(風土醸成)
  • 価値観を共有
  • 採算意識を醸成

経営者意識を持つ人材の育成

会社全体を小さな組織に分割し、その各組織を1つの商店や中小企業の集合体として再構成する。その小さな組織をアメーバと呼びます。そのアメーバの経営をリーダーと呼ばれる責任者に任せることによって、経営者意識を持った人材を育成していくことを目指します。

  • ミニ経営者を輩出
  • メンバーの育成
  • ビジョンを描く
  • 現場の知恵を集める
  • 自ら挑戦する
  • 経営指標を共有する

市場に直結した部門別採算制度の確立

会社経営の原則ともいえる「売上最大、経費最小」を効率よく実践するために、組織を小さな部門に分けて、市場の動きや変化に即座に対応できるような部門別採算管理を行います。

  • 経営トップが会社の隅々までよく見える
  • 現場が活動成果を認識する
  • マーケットの情報がタイムリーに伝わる
  • 経営課題が明確になる
  • タイムリーかつ正確な経営判断
  • スピード経営の実現

アメーバ経営に関する導入事例のページはこちらから

メルマガ「KCCS コンサルティングニュースレター」の配信ご希望はこちらから

  • お問い合わせ