アメーバ経営について

アメーバ経営は、京セラ名誉会長 稲盛和夫が会社を経営していく中で、実体験から生まれた経営管理手法です。京セラフィロソフィ(経営哲学)とともに、京セラ発展の礎となっています。
アメーバ経営を行っている京セラは、1959年の創業以来一度も赤字を出しておらず、1984年に創業されたKDDIの前身である第二電電も高収益を上げ、発展し続けています。アメーバ経営は日本航空(JAL)の再建においても目覚ましい成果を残し、医療・介護分野にも導入が進むなど、業種を問わず、国内はもとより海外でも大きく進化・発展を遂げています。

京セラ名誉会長 稲盛和夫の写真 京セラ名誉会長
稲盛和夫

全社員が経営に参加する仕組み「人を活かす経営手法」

アメーバ経営は、稲盛和夫の「会社経営とは一部の経営トップのみで行うものではなく、全社員が関わって行うものだ」という考えが貫かれています。
組織をアメーバと呼ばれる独立採算で運営する小集団に分け、その小さな小集団にリーダーを任命し、共同経営のような形で会社を経営していきます。
各アメーバの活動の成果を分かりやすく示すことで、リーダーを中心に全社員が自分たちの収支を意識するようになり、それぞれの持ち場・立場で持てる能力を発揮し、利益確保に取り組むようになります。こうしてアメーバ経営は経営者意識を持ったリーダーを社内に育成すると同時に、全従業員が経営に参画する「全員参加経営」を実現します。

  1. <全員参加経営>を実現するまでのプロセス

    • 組織の細分化 組織を細分化し、収支責任を明確にする
    • 部門別採算制度 仕事の成果を「時間当り付加価値」として数字で見える化する
  2. 時間当り付加価値(収支)を向上するための創意工夫や努力をする
  3. 現場(全従業員)の知恵を活かし、収支を向上する(経営に参加する)

    全員参加経営の実現

「アメーバ経営」の3つの目的

全員参加経営の実現

会社の経営数字を全従業員にオープンにし、会社が目指す目的に向かって全員で協力し合えるような風土を醸成します。従業員一人ひとりが所属するアメーバのため、会社のため、貢献していこうと懸命な努力をすることで経営者意識を高め「全員参加経営」を実現します。

  • 価値観を共有し、職場の一体感を生む
  • 達成感や喜びを感じられる風土を醸成
  • コミュニケーションの円滑化

経営者意識を持つ人材の育成

会社全体を機能ごとに「アメーバ」と呼ばれる小さな組織に分割し、各アメーバの経営は経営計画から実績管理、メンバーの育成まで部門リーダーに任されます。アメーバリーダーは日々経営者としての経験を積むことで経営者意識を持った人材に成長します。

  • ミニ経営者となる人材を輩出
  • 自ら挑戦する組織風土づくり

市場に直結した部門別採算制度の確立

会社経営の原理原則は、売上を最大にして経費を最小にすることです。この原則を実践するために会社の組織を独立採算の小集団に分け、市場の動きや変化に即座に対応できるような部門別採算管理を行います。

  • 市場の変化に迅速に対応
  • 会社の隅々まで実態がよく見える
  • タイムリーかつ正確な経営判断を行う

アメーバ経営についてさらにお知りになりたい場合

京セラコミュニケーションシステム株式会社は、「アメーバ経営」の導入を希望される企業や団体をご支援する経営コンサルティング事業、「アメーバ経営」の運用支援や関連する情報システムなどを提供しております。

関連セミナーを開催しておりますので、ご興味のある方は、各セミナーのページをご参照ください。

アメーバ経営コンサルティングサービスメニュー
導入事例・導入実績
無料セミナーはこちらから
「アメーバ経営」の概要、導入事例をご紹介する無料セミナーを、定期的に開催しています。
  • Webでのお問い合わせ