「アメーバ経営」とは、京セラ名誉会長 稲盛和夫が京セラの経営を通じて構築した経営管理手法です。「アメーバ経営」に関する権利は、京セラ株式会社に帰属します(許可なく転用することを禁止します)。以下の語句は、京セラ株式会社の登録商標もしくは出願中の商標です。

アメーバ、京セラアメーバ経営、時間当り採算システム、ベクトル、全員参加、京セラ会計学、一対一対応の原則、アメーバ経営、時間当り採算表、フィロソフィー、マスタープラン

「アメーバ経営」は、昭和34年、稲盛和夫がベンチャー企業としてわずか28名で京セラを創業した当初より実践し続けている京セラ独自の経営管理手法です。京セラおよび京セラグループの発展は、「心の経営」を貫く稲盛経営哲学に基づいた、アメーバ経営の企業内小集団による部門別採算制度の徹底により支えられてきました。

KCCSが提供するアメーバ経営コンサルティングは、京セラが創業以来今日にいたるまで一貫して実践してきた「アメーバ経営」の長い経験に裏付けられたノウハウを余すところなく凝集したものです。これまでに、さまざまな規模・業種の企業における経営変革をお手伝いしております。

アメーバ経営コンサルティングトップへ戻る