パートナーブログ

低予算で始めよう!Inosensor ES DevkitではじめるIoT(初級編)

2021.01.05

Sigfoxエバンジェリストの西田です!わーわー。

今回から複数回に分けて、Innovation Farm株式会社の開発用キット「Inosensor ES Devkit」の利用方法を紹介したいと思います!

「Inosensor ES Devkit」は、STマイクロエレクトロニクス社製の超低消費電⼒Sub‐GHz無線ICであるS2‐LPを採⽤した、Sigfoxモジュール「IFS-M01」を搭載しています。量産用のSigfoxモジュールを搭載したプロ仕様でありながら、初心者の方でも簡単に使い始めることができるのが特長です。

モックアップやSigfoxの通信実験など、さまざまな用途に活用できると思いますよ!

Inosensor ES Devkitを購入しよう!

まずは、「Inosensor ES Devkit」を入手しましょうRobotma.comの通信販売で購入できます。

Inosensor ES Devkit:販売ページ
Inosensor ES Devkit & 接点入力用ハーネスセット:販売ページ

接点入力用ハーネスとセットのものが販売されているので、こちらがオススメです。

img-20210105-partnerblog-01.jpg

電池ケースなどは同梱されているので、この他には単3乾電池を2本購入しておけばOKです(充電式ではなく、新品のアルカリ電池を用意してください)。

業務用のキットだと購入に口座開設が必要だったり、複数ロットをまとめて注文しなくてはいけなかったりするのですが、普通に1個から購入できるのが嬉しいですね!

Sigfoxに登録しよう!

Inosensor ES Devkitは、Sigfox Devkitに対応しています。Sigfoxの公式サイトに登録することで約1年間、無料で通信を利用可能です。

img-20210105-partnerblog-02.jpg

登録の詳細は、Qiitaに記事があるのでご覧ください。

Inosensor ES Devkitを使ってみた! ①(購入〜Devkit登録編)

オンラインで登録して即日使えるようになるのは、便利ですね!

付属品を取り付けよう!

登録が終わったら、本体に付属品を取り付けましょう。Qiitaの記事を参考に進めてください。

Inosensor ES Devkitを使ってみた! ②(付属品の取り付け編)

正しくゴム足を取り付けることで、ショートなどを防ぐことができますので、ケースに入れない場合は、かならず取り付けましょう!

img-20210105-partnerblog-03.jpg

この他に、電池ボックスも用意しますが、まだ本体にはつなぎません。

はじめてのSigfox通信に挑戦! 

全部の準備が終わったら、Sigfox通信をしてみましょう。Qiitaの記事を参考に進めていきます。

Inosensor ES Devkitを使ってみた! ③(はじめてのSigfox通信編)

Inosensor ES Devkitは、購入後そのまま使えるように、ソフトウェアが内蔵されています(Sigfoxモジュール「IFS-M01」に搭載されているマイコンに書き込まれています)。このソフトウェアを使って、Sigfox通信をしてみましょう。

メッセージを送信!

まずは、Inosensor ES Devkitに電池ボックスをつなぎます。電源が投入され、自動的に「電源投入メッセージの送信」がスタートします。

LEDが消灯したら、本体についているボタンを押してみましょう。ボタンのイベントが発生して、メッセージが送信されます。

img-20210105-partnerblog-04.jpg

送信されたメッセージは、Sigfoxバックエンドで確認できます。電源投入とボタン押下の2種類のメッセージが表示されれば成功です!

Sigfoxを使ったIoT製品が簡単に作れる!

これで、初級編は終了です!本体搭載のボタンを押すことで、Sigfoxのバックエンドにメッセージを送ることができました。

このままの状態でも、Sigfox通信のテスト(導入予定場所からの電波が受信できるかの確認)などに活用できますね!

次回は、中級編として、Sigfoxバックエンドが受信したメッセージを、メールや他のWebサービスに転送する方法を紹介したいと思います!

最後に宣伝!

Innovation Farm株式会社では、IoT製品の作成を、アイデアの実現、PoCの作成から量産まで、一気通貫にサポートします!

img-20210105-partnerblog-05.jpg

また、当社で試作や量産・クラウドサービスを利用いただいた場合は、量産用の「IFS-M01」が超特価でご提供できると思います。ぜひ、ご相談ください!おまちしてます!

わーわー!

著者情報

Innovation Farm 株式会社

Sigfox エバンジェリスト 西田 寛輔
日々最新トレンドを追いかけている白衣のマイコン先生