• プレスリリース

公共図書館初、鹿児島市立天文館図書館が
画像解析AIによる蔵書点検・セルフ貸出システムを導入
セルフ貸出機において99.5%の精度で本の背表紙画像をAIが識別

2022年06月15日

京セラコミュニケーションシステム株式会社
代表取締役社長 黒瀬 善仁

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下 KCCS)は、AI蔵書管理サポートサービス「SHELF EYE(シェルフアイ)」※1を鹿児島市立天文館図書館(以下 天文館図書館)に導入しました。

SHELF EYEは、本の背表紙画像をAIで解析して蔵書点検の効率化を支援するサービスです。ICタグを利用する蔵書点検サービスは、全蔵書にICタグを貼付する工数や機器の導入コストが課題と言われていますが、SHELF EYEはタブレットのカメラで背表紙画像を撮影するため、低コストで導入することができます。
また、セルフ貸出機は利用者自身で貸し出し手続きを行えるシステムです。セルフ貸出機をSHELF EYEの画像解析AIデータベースと連携させることで、背表紙画像から借りたい本を一括で識別することができます。画像解析AIによるセルフ貸出機はICタグを利用した貸出機と比較して約50%※2のコストで導入することができます。

天文館図書館は、鹿児島の中心部に位置し人気の繁華街として広く知られる天文館にあり、2022年4月にオープンした複合商業ビル「センテラス天文館」内に開館、会話や飲み物も楽しめる新しいスタイルの図書館として注目を集めています。基本的に年中無休で書架を整理する時間が限られていることから、短時間で効率よく蔵書点検や書架整理を行う必要があり、低コストで導入できるSHELF EYEを選定いただきました。さらに、利用者向けの新しいサービスとして、画像解析AIによるセルフ貸出機を導入いただきました。
画像解析AIによる蔵書点検・セルフ貸出機が公共図書館で実用化されるのは国内初※3となります。

運用開始月(4月)の貸し出し実績は約2万冊、貸し出し方法はセルフ貸出機が70%、有人カウンターでの従来方式が30%でした。図書館運営において、セルフ貸出機の導入により、有人カウンター業務の工数を低減することができています。
また、セルフ貸出機の画像解析AIによる読み取り精度は99.5%※4となり、有効に活用いただけています。なお、撮影不良や背表紙画像・蔵書データの登録漏れなどが理由で読み取りができない場合は、備え付けのバーコードリーダーで操作できるようになっています。

画像解析AIによるセルフ貸出機の利用イメージ

今後もKCCSはSHELF EYEの機能を強化し、図書館のデジタルトランスフォーメーション(DX)に貢献するサービスを提供して参ります。

鹿児島市立天文館図書館について

    施設名 鹿児島市立天文館図書館
    所在地

    〒892-0843

    鹿児島県鹿児島市千日町1-1 センテラス天文館4階・5階
    蔵書冊数 約4万冊(2022年4月時点)
    Webサイト

鹿児島市立天文館図書館インタビュー(動画)

システム導入前の課題や利用シーンなどを、インタビューを交え紹介しています。

動画を見る(YouTube)

Youtube動画再生画面を表示します。

AI蔵書管理サポートサービス「SHELF EYE」について

  • ※1
    AI蔵書管理サポートサービス「SHELF EYE」は 特許取得済(特許第7023338号)です。
  • ※2、※3
    当社調べ
  • ※4
    2022年4月9日~30日の実績値です。
  • 製品の仕様・サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
  • 製品名・サービス名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせ

お客様からのお問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日は除く)

報道機関の方からのお問い合わせ