進化する「アメーバ経営」学術研究の成果を書籍に

アメーバ経営の学術研究は着実に深みを増しています。2006年に発足した「アメーバ経営学術研究会」は、管理会計、経営管理、組織文化、経営哲学の専門家がそれぞれの領域から研究を進めてきました。

2010年に日本航空がアメーバ経営を導入してからは、サービス業におけるアメーバ経営の研究も大きく進展。アメーバ経営の導入コンサルティングを手掛ける京セラコミュニケーションシステム(KCCS)との産学連携により、日本航空をはじめ、医療・介護機関、ホテル、学校など多様なサービス業での研究が成果をあげています。

本書は、2010年以降の先進のアメーバ経営の研究をまとめたものです。進化し続けるアメーバ経営の実像を理解できる⼀冊です。

アメーバ経営の進化:理論と実践

本体価格 2,800円(税抜)
編者 アメーバ経営学術研究会
編集協力 京セラコミュニケーションシステム株式会社
発行者 山本 継
発行 (株)中央経済社
発売 (株)中央経済グループパブリッシング
初版 2017年3月20日 第1版第1刷発行

書籍「アメーバ経営の進化:理論と実践」表紙

構成

特別講演録

「日本航空の再建 -フィロソフィに基づく経営」

稲盛 和夫 氏(京セラ名誉会長)

研究論文

第1論文:「サービスの品質を高めるアメーバ経営-日本航空株式会社の客室サービスを変えたJALフィロソフィ」

三矢 裕 氏(神戸大学大学院教授)
近藤 大輔 氏(立正大学講師)

第2論文:「医療組織へのアメーバ経営の導入」

挽 文子 氏(一橋大学大学院教授)

第3論文:「部門別採算制度が経営理念の発現に及ぼす影響-ホテルにおけるアメーバ経営の事例-」

澤邉 紀生 氏(京都大学大学院教授)
庵谷 治男 氏(長崎大学准教授)

第4論文:「アメーバ経営の学校組織への導入」

北居 明 氏(甲南大学経営学部教授)
鈴木 竜太 氏(神戸大学大学院教授)
小野 康裕 氏(甲南大学大学院社会科学研究科 博士後期課程)

第5論文:「アメーバ経営の利益連鎖管理とトヨタ生産システム-日本的経営経済にみられる機会損失管理の典型-」

上總 康行 氏(京都大学名誉教授)

第6論文:「アメーバ経営と原価・収益計算構造」

尾畑 裕 氏(一橋大学大学院教授)

第7論文:「アメーバ経営の導入プロセスと導入効果 -株式会社カズマの事例-」

丸田 起大 氏(九州大学大学院准教授)
潮 清孝 氏(中央大学准教授)
上總 康行 氏(京都大学名誉教授)

第8論文:「渋沢栄一の道徳経済合一説からみたフィロソフィとアメーバ経営-「公益」と私利の両立をめぐって-」

田中 一弘 氏(一橋大学大学院教授)

第9論文:「京セラ・アメーバ経営と経営環境の変化 -責任会計論と管理者行動の観点から」

鈴木 寛之 氏(ブリストル大学講師)

第10論文:「アメーバ経営は企業に成果をもたらすのか-導入企業97社へのアンケートに基づく実態調査-」

窪田 祐一 氏(南山大学教授)
三矢 裕 氏(神戸大学大学院教授)
谷 武幸 氏(神戸大学名誉教授)

特別寄稿①:「日本航空再生プロセスにおける稲盛経営哲学の役割」

大田 嘉仁(京セラコミュニケーションシステム 会長)

特別寄稿②:「協力対価方式の発案 - 医療・介護業界・日本航空への導入」

松井 達朗(京セラコミュニケーションシステム 理事 コンサルティング事業本部 本部長)

  • 所属、役職は発刊当時のものです。

書籍・教材 / 参考書籍トップへ戻る

  • お問い合わせ