• プレスリリース

通信費一括請求サービス「グリーンネット」に公共料金や固定経費を追加
「グリーンネットプラス」を提供開始

2020年12月15日

京セラコミュニケーションシステム株式会社
代表取締役社長 黒瀬 善仁

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下KCCS)は、通信費一括請求サービス「グリーンネット」の拡張サービス「グリーンネットプラス」の提供を2020年12月15日から開始します。

ニューノーマルの時代において、仕事は会社で行うものから、場所の制約を受けずに行うものへと変化が求められています。一方で、経理・総務といった管理部門の方々は、紙証憑や捺印のために出社しなければならない働き方が続いています。企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)や働き方改革を進めるにあたっては、事業部門はもちろんのこと、管理部門でデジタル化を進め、コア業務にリソースを集中させることが重要です。

KCCSは1997年から通信費一括請求サービス「グリーンネット」を提供してきました。「グリーンネット」はお客様が利用した各通信会社の料金(固定電話・携帯電話・データ回線などの利用料)の支払いをKCCSが代行し、お客様へ一括請求するサービスです。煩雑になりがちな経費処理業務を大幅に軽減するとともに、企業内の通信料金情報をWeb上で一元的に閲覧・分析できるため、通信コストの削減・適正化に役立つサービスとして累計20,000社以上のお客様にご利用いただいています。

このたび提供を開始する「グリーンネットプラス」は通信費に加え、公共料金と固定経費についてもKCCSが支払いを代行し、お客様に一括請求するサービスです。本サービスではこの他に、お客様指定形式での請求明細データの提供、郵送物の受取代行・スキャニングサービスも提供します。これにより経理・総務部門における紙情報のデジタル化やテレワークの推進を支援します。

KCCSは「グリーンネットプラス」の提供を通じて、ニューノーマル時代の企業のDXや働き方改革を支援し、お客様の経営に貢献してまいります。

「グリーンネットプラス」の特長

  • 1通信費に公共料金・固定経費を加えてお客様に一括請求

    通信費だけでなく電気・ガス・水道といった公共料金やレンタカー・保守費・家賃などの固定経費もKCCSが支払いを代行し、お客様に一括請求します。

  • 2請求情報の見える化、お客様指定形式での請求明細データの提供

    Web上で見える化した請求情報は、お客様が利用する会計/経費精算システム・ERPなど各システムへの取込用に指定のデータ形式で提供します。

  • 3郵送物の受取代行・スキャニングサービス

    請求書などの郵送物をお客様に代わって受け取り、スキャニング・データ化します。デジタル化した郵送物の情報は専用のWebサイトを通じて職場だけでなくリモートワーク環境でも確認できます。

img-2020-1215-01.png

一括請求のイメージ

「グリーンネットプラス」の概要

名称 グリーンネットプラス
提供開始日 2020年12月15日
利用料金(税抜)

月額費用

基本料金:100,000円~/顧客番号ごと

従量課金:300円/通、150円/明細(データ化)

  • 請求額に応じた金額を預託いただきます。
  • 「グリーンネットプラス」のご利用には通信費一括請求サービス「グリーンネット」のご加入が必要です。
  • 最低利用期間1年間

販売目標 初年度5億円
サイトURL https://www.kccs.co.jp/ict/service/greennetplus

  • 製品の仕様・サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
  • 製品名・サービス名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせ

お客様からのお問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

報道機関の方からのお問い合わせ