ERP検討のお悩み解決!! 「製造業向けグローバルERP導入手法セミナー」を好評により追加開催(東京・大阪)

2018年03月22日

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2018年3月7日(水曜日)にインフォアジャパン株式会社 東京本社(東京都 千代田区)で、3月14日(水曜日)にエムオーテックス株式会社 大阪本社(大阪市 淀川区)で、「製造業向けグローバルERP導入手法セミナー」を好評により追加開催しました。

昨今、製造業において国内外の現場の製造状況を迅速かつ正確に把握し、的確な経営判断を行うことを目的にERPの導入が進んでいます。しかし、システム刷新の必要性をどのようにして経営層に理解してもらうかなど、検討の進め方に悩まれているというお話を多く聞きます。
そこで、本セミナーでは、
「ERPパッケージの導入・リプレースを検討中の方」
「ERPパッケージ検討・導入が進まずお悩みの方」
「基幹システムの今後の方向性を検討中の方」
を対象に、ERP導入の意義や目的、ベンダ選定の勘所など、ERPの検討に必要なポイントを解説しました。
また、製造業に強いERPパッケージであるインフォア社の次世代型ERP「Infor SyteLine」のUI画面や最新機能をご紹介しました。

プログラム1 改めて考えるERP導入の目的と意義

石田 雅久 氏

インフォアジャパン株式会社
ソリューションコンサルティング本部
ディレクター

日本にERPの概念がもたらされて25年ほどが経過し、さまざまなERP製品が開発され、今では多くの企業でERPが採用されています。
しかし、その導入により得られた結果は企業によってさまざまであり、多くの成功例・失敗例が混在しています。
本セッションでは、ERPの目的・意義に再度立ち返り、これから検討・導入するうえでの重要な要素についてご説明しました。

プログラム2 ERP導入を失敗しないために考えるべきこと

谷口 直樹

京セラコミュニケーションシステム株式会社
ERPソリューション事業部
副事業部長

ERP導入のきっかけは、変化する事業環境への対応、システムの老朽化、運用コストの課題などさまざまです。
今回は、当社のERP導入実績をもとに、ERPを導入するうえでの製品選定のポイントや自社でやるべきことのほか、ベンダ・パートナーを選考するうえで見極めるべき勘所を事例を交えて解説しました。

プログラム3 過去のERP導入から学ぶ、次世代型ERPシステムとは!「Infor SyteLine」のご紹介

佐藤 裕之 氏

インフォアジャパン株式会社
ソリューションコンサルティング本部
ソリューションコンサルタント

スクラッチ開発や個別業務パッケージシステムから統合パッケージ、ERPシステムに変えたものの、なかなかその効果を十分出せずに老朽化、、、それはなぜ?
次期システムに求められる「あるべき姿」が詰まったInforの次世代型ERPソリューション「Infor SyteLine」をご紹介しました。

  • 製造業に多数の導入実績
  • バージョンアップが低コストで可能
  • グローバル環境対応
  • 機能拡張が容易

講演後も現在かかえている課題などを相談される方が多く、アンケートでも「貴重な話を聞けて、大変参考になった」などの感想をいただきました。

KCCSは、今後もさまざまなセミナーを開催していく予定です。

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トピックス一覧へ戻る

お問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日は除く)