• プレスリリース

KCCSの広告配信サービス「KANADE DSP」とArmの「Arm Treasure Data eCDP」がデータ連携を開始より精度の高いターゲティング配信や新規顧客の獲得に貢献

2018年09月20日

京セラコミュニケーションシステム株式会社
代表取締役社長 黒瀬 善仁

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下KCCS)は、広告配信サービス「KANADE DSP」において、英Arm(本社:英国ケンブリッジ、以下Arm)が提供するカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」とのデータ連携を開始したことを発表します。

「KANADE DSP」は、機械学習による独自のRTB自動最適化エンジンにより、潜在顧客を優良顧客へ育成する純国産の広告配信サービスです。広告主様の訴求商材の特性に適したセグメントへの認知・関心を促進する「プロファイルターゲティング」、自社の優良顧客と行動属性が類似した潜在顧客のセグメントを作成し広告配信することで自社サイトへの訪問を促す「オーディエンス拡張」など、広告主様のキャンペーン戦略に応じた広告配信で優良顧客の獲得に貢献します。

「Arm Treasure Data eCDP」は、オンライン広告配信やマーケティング、CRM(顧客管理システム)などの領域において、顧客一人ひとりのデジタル上の行動ログデータや属性データなどのカスタマーデータを統合することで、パーソナライズを軸とした顧客ロイヤリティの向上やデジタルによるビジネス変革を可能とするプラットフォームです。

今回の連携により「KANADE DSP」は、多くのセカンドパーティおよびサードパーティのDMPと接続している「Arm Treasure Data eCDP」を通じて、さらに多種多様なオーディエンスデータを活用できるようになり、「プロファイルターゲティング」配信が強化されます。
また、すでに「Arm Treasure Data eCDP」を導入し、会員情報などのファーストパーティデータを蓄積している広告主様は、「KANADE DSP」独自のデータ拡張技術により新規顧客の獲得に貢献する「オーディエンス拡張」を容易に利用できます。

データ連携イメージ

「KANADE DSP」は、今後も優良なオーディエンスデータの拡充に努めるとともに、新規ユーザのサイトへの集客から、リエンゲージメントまでの企業のデジタルマーケティングを促進する広告配信の機能拡充を積極的に行って参ります。

「Arm Treasure Data eCDP」についての情報はこちら

広告配信サービス「KANADE DSP」についての情報はこちら

  • サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
  • 製品名および会社名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ニュース一覧へ戻る

お問い合わせ

お客様からのお問い合わせ

京セラコミュニケーションシステム株式会社
KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話、PHS、IP電話など

報道機関の方からのお問い合わせ