第1回 関西物流展|Sigfoxの活用で実現する物流現場の効率化とコスト削減

2019年12月10日

" 関西物流展は、2019年G20大阪サミットの会場となった「インテックス大阪」にて開催されました

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2019年11月27日(水)から29日(金)まで、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開催された「第1回 関西物流展」(主催:関西物流展 実行委員会)に出展しました。
関西物流展は、物流に関するあらゆる情報、製品、サービスが集まり、活発な商談や議論が行われる場が欲しいという業界関係者の声を受けて、物流の「生産性向上」「環境改善」にスポットを当て、業界の課題解決、さらなる発展に向けたきっかけとなる場をつくることを目的に開催されました。初回となる今回は、会期の3日間で物流業界関係者 21,432名(主催者発表)が来場されました。

展示|物流資材 所在管理ソリューション

たくさんの製品・サービスを紹介しました
ブースには多くの方にお立ち寄りいただきました

KCCSは、Sigfoxを利用した位置情報サービスを物流事業者向けに適用し、「物流資材 所在管理ソリューション」として、「業務効率向上」「コンプライアンス遵守」「コスト削減」の実現をテーマにした展示を行いました。
特に、位置管理サービス「IoT Tracker」については、デモを交え、物流における有効な活用方法を紹介しました。

出展製品・サービス

講演|いざ実践!Sigfoxを活用した物流業務改革 ~Welcome to the 0G revolution!~

大変多くの方に聴講いただきました
会場の熱気で講演にも力が入りました

低コストと低消費電力を実現するIoTネットワーク「Sigfox」。国内では全都道府県をカバーし、すでに実用段階へ入りました。
物流業界においても、そのネットワークの特性を活用したさまざまな取り組みが始まっています。
KCCSは、本展示会の特別セミナー(SP-10 11月29日12:30~13:30)に登壇し、アセット(車輌、コンテナ、パレットなど)管理における課題を解決するソリューションを実際の先行事例を交えて紹介しました。
物流事業者の課題解決の一助となるSigfoxを活用した位置情報サービスの実例に、来場者の皆様は熱心にメモをとりながら、講演を聴講されていました。

講演タイトル

いざ実践!Sigfoxを活用した物流業務改革
~Welcome to the 0G revolution!~

講演者

京セラコミュニケーションシステム株式会社
LPWAソリューション事業部 LPWAソリューション部 部責任者
川合 直樹

関連情報

プレスリリース|ドーリーの位置管理に「Sigfox」を活用した「IoT Tracker」を導入
東京国際空港(羽田空港)内の貨物運搬業務の作業時間を削減
詳細はこちら

  

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

KCCSは、パートナーとともにSigfoxを日本で広げ、すべてのモノが「つながる」便利で安全性の高い社会づくりに貢献して参ります。

Sigfox

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トピックス一覧へ戻る

お問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日は除く)