第5回鉄道技術展レポート Sigfoxネットワークを活用した「鉄道沿線監視IoTソリューション」などをご紹介

2017年12月27日

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2017年11月29日(水曜日)~12月1日(金曜日)、幕張メッセで開催された「第5回鉄道技術展2017 Mass-Trans Innovation Japan 2017」(主催: フジサンケイ ビジネスアイ)に出展しました。

同展示会は「安全・安心・快適・環境・省エネを追求」をテーマに、車両・構造、運行管理、旅客設備、軌道、土木関連他あらゆる鉄道分野の技術が一堂に会する総合見本市です。KCCSは、Sigfoxパートナーである双日株式会社、アイ・サイナップ株式会社、株式会社キョウデンプレシジョンとともに、IoTネットワーク「Sigfox」をご紹介しました。

ブースでは、Sigfoxネットワークを自由に構築できるレンタル基地局「Access Station」、シリアルインターフェイスや温度・加速度などのセンサを搭載した汎用デバイスの「Sigfoxマルチアダプタ」をはじめ、積雪監視や禁止エリアへの侵入を検知する「レーザー距離通知装置」、がけ崩れや電柱の傾きを検知する「傾斜通知装置」、電気設備や線路の転轍機などへの浸水を検知する「浸水通知装置」、踏切の開閉検知や開閉時間を管理する「踏切制御装置」などSigfoxネットワークを活用したIoTソリューションをご覧いただきました。

KCCSは、パートナーとともにSigfoxを日本で広げ、すべてのモノが「つながる」便利で安全性の高い社会づくりに貢献します。

Sigfox

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トピックス一覧へ戻る

お問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日は除く)