中堅病院向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-LX」

特長

富士通の豊富なノウハウを結集
高機能と使いやすさ・導入しやすさを兼ね備えた電子カルテシステム HOPE/EGMAIN-LX

今、医療分野に求められているICT化、中でもよりよい医療サービスを目指し、普及が進む電子カルテシステム。
京セラコミュニケーションシステムが提案する富士通のHOPE/EGMAIN-LXは、安全かつ確実なシステム導入を必要とする中堅規模病院のための電子カルテシステムです。数多くの病院で培ってきたノウハウをベースに、豊富な機能を搭載し、予算に合わせた短期安定稼働を可能にします。
院内における診療情報の共有と活用、地域医療連携の基盤となる院内ICT化を支援します。

  • 1使いやすさの追求

    日々の診療において業務効率化の為には、簡単に入力・閲覧できる高い操作性が非常に重要です。
    HOPE/EGMAIN-LXは、シンプルな操作と高い検索性能で、医師をはじめとする医療スタッフの業務を強力にバックアップします。

  • 2高機能の追求

    電子カルテシステムに関する要望と、これまでに培ってきたノウハウを活かした機能強化。
    さまざまな医療シーンに対応できる高機能で、病院のICT化を支援します。

  • 3導入しやすさの追求

    システム管理に煩わされることのない、高いメンテナンス性を可能にします。専門の情報担当部門のない中堅規模の病院で安心して導入できます。

サポート

医療・介護・地域連携システムに関わるすべてのサポートサービスを提供します

  • ハードウェア障害によるシステム停止から業務を守るため、医療向け高可用性無停止サーバソリューションを提供します。
  • 大切な診療データを災害、テロなどの緊急事態から守るため、データセンターを活用した分散型バックアップシステムを提供します。
  • 「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に沿ったシステムとネットワークの構築を行います。
  • HISPROにて評価認証をうけた通信のもと、安全なリモートメンテナンス環境を提供します。
  • 一般社団法人保険医療福祉情報安全管理適合性評価協会

関連カタログ

ICTカタログセンター

  • お問い合わせ