なぜ、新入社員教育(研修)を実施するのか?

2018年03月29日

京セラコミュニケーションシステム株式会社
百瀬 亜紀子

昨今、企業にとって新入社員の早期戦力化は最重要課題のひとつとなっており、新入社員教育(研修)のもつ役割は非常に大きいと言われている中で、新入社員教育を実施する目的の第一に「学生から社会人への意識改革」があげられます。

まずはじめに社会人となることの意味や心構えをしっかりと学んだうえで、会社組織の一員としての意識をもたせ、社会人としてのビジネスマナーや職務・業務を遂行するうえで必要となる基本的な知識やスキル、また責任ある行動習慣などの習得を図ること、この点においてはどの企業も実施しているのではないかと思います。

しかし、コンサルティング事業本部で最も重要視しているのは「京セラが大切にしている考え方を知ること、そして京セラへの理解を深めること」です。上記における教育(研修)の割合は、時間にして新入社員教育(研修)全体の3分の1におよびますが、その点をベースとしたうえで事業概要や事業展開、諸制度などを学ぶような研修体系を構成しています。

では、なぜこの段階でこれだけの時間を費やすのか?と問われれば、それはアメーバ経営の目的の1つである「全員参加経営の実現」を京セラグループの一員となったその日から目指すからに他なりません。

全員参加経営を目指すには、「人間として何が正しいか」をベースに全従業員がフィロソフィを正しく理解し、それぞれの職場で実践すること。それには両輪である京セラフィロソフィとアメーバ経営について、私たち社員一人ひとりがその歴史や背景について深く理解したうえで、徹底的にかつ継続的に学ぶことが必須であると言えます。

しかし、新入社員教育(研修)では「理論」や「知識」が先行し、どうしても「実践」に繋がっていかないことがあります。ここで大切なのは単に知識やスキルを教えるだけではなく、この段階でいかに京セラグループで働くことへの意味を持たせ、今後のモチベーションへ繋がるような動機づけができるかということが大きなカギを握ってくると言えます。

そこで当本部の教育(研修)では、「気付きの機会を与える」ということをカリキュラムで取り入れており、最初に「自分を知る(=学生から社会人への意識転換)」、次に「社会や会社環境を知る(=京セラグループ社員としての誇りをもち、働くことについて理解させる)」、最後に「期待や役割を知る(=会社が求める期待や役割を理解したうえで目標を共有する)」といった流れで進めています。

京セラグループの掲げる「目標=使命」とは言うまでもなく経営理念である「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること。」です。つまりは「仲間同士との幸福を実現し、社会に貢献する」という使命、大義名分こそが、自分たちの事業を発展させていこう、もっと自分たちの会社をより良くしていこうと一人ひとりを奮い立たせる原点となっています。

メールマガジンお申し込み

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

コラムトップへ戻る