※緊急キャンペーン※
クラウド利用”可視化”サービス!! キケンなファイル転送サービス使ってませんか? Netskope(クラウドセキュリティ/CASBサービス)

キャンペーンについてのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求別ウィンドウで開きます

クラウドサービスに起因する情報漏えい事件が急増中!!

社員が危険なクラウドサービスを利用することは、自社の情報漏えい事故につながるおそれがあります。

2019年1月にファイル転送サービスにおける情報漏えい事件が大きく報道されました。
クラウドサービスは、手軽に低コストでサービスを受けられるという大きなメリットがある反面、セキュリティレベルはサービス側に依存するため、「自社のセキュリティ対策と無関係なところで、セキュリティ事故が起きてしまう」という大きなリスクがあります。

そこでKCCSは、CASB製品である「Netskope」を用いてログを解析し、「危険なクラウドサービスを利用していないか」 を分かりやすいレポートにまとめてご報告します。

そのサービス本当に安全?危険なサービスを使っていませんか? 勝手に使ってない?社員が勝手に利用していないですか? 少しでもドキッとしたら可視化サービス!!

社内のクラウド利用”可視化” サービス

提供内容 アナリストによるリスク分析 情報流出の原因となるクラウドストレージやファイル転送サービスを中心にクラウドサービスのセキュリティレベルをスコア化し、リスクを可視化 プラス 利用状況レポート クラウドサービスの全体サマリ、ユーザ数やアクセス数などのクラウドサービスの利用状況を可視化 今ならセットで特別価格 \300,000(税別) ※2019年4月末までのお申込み限定

サービスイメージ

ログをアップロードすることにより、クラウドサービス利用の可視化による状況把握とリスク評価が可能です。

統計情報やユーザーごとの高リスクサービス利用状況をレポート 主要な要確認サービスのセキュリティレベル、利用状況、推奨対策といった情報をご報告

サービスご提供フロー

事前準備 Step1 ヒアリングシート 所定のヒアリングシートに必要な情報を記載いただきます。 Step2 ログ提供 事前に合意頂いた方法でプロキシや資産管理ツールのログをご提供頂きます。(1ヶ月程度のログ) 解析/報告書作成(約2週間) Step3 アップロード ログをNetskope社のテナントへアップロードし、Netskopeにてログを解析します。 Step4 報告書作成 Netskopeにて解析した結果を基にリスクを分析し、報告書にまとめます。 Step5 報告会実施 ご要望に応じて報告会を実施します。

ご提供に関するご注意事項、補足事項

  • お客様の社内で認可されているクラウドサービスの一覧(URL)をご準備ください。
  • Netskope社のサーバへログをアップロードします。アップロード後、解析に必要な情報以外は破棄されます。
  • ログについては当社所有のアップロード専用端末にて取り扱いいたします。
  • 報告会の開催が都内近郊以外の場合、別途費用をいただく場合がございます。
  • 本キャンペーンは2019年4月30日までにお申し込みいただいたお客様に適用される限定キャンペーンとなります。
ご紹介のサービス/ソリューション
Netskope(クラウドセキュリティ/CASBサービス)
キャンペーンについてのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求別ウィンドウで開きます

カタログダウンロード

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、セキュリティブランド「SecureOWL」を展開しています。
鋭い眼光と広い視野で暗闇でも見通すフクロウ(OWL)をブランドのキャラクターとしました。お客様の環境を監視し、大切な情報を守るためのセキュリティソリューションを提供します。