ゴミ容器用IoTセンサ

ゴミ容器の内側上部に設置し、ゴミ容器内の堆積物までの距離を測定するSigfoxセンサデバイス

主な特長

  • コンパクト、軽量(150g)で、既存のゴミ容器にも簡単に後付けが可能
  • 超音波センサにより、12~500cmの範囲でセンシング範囲を設定することが可能
  • 電池内蔵で、電源工事は不要。設置後直ぐに稼働が可能
  • ゴミとセンサ間の距離をセンシングすることで、蓄積状況を検知し、Sigfox通信でクラウドに蓄積量データを保存
  • 参考価格:1台 約44,000円(税込み)
    (製品単体価格、その他通信・システム・サービス費用等が別途かかります)