Netskope(クラウドセキュリティ/CASBサービス)

概要

クラウド活用のリスク、把握できていますか?

近年、企業におけるクラウドサービスの利用が広く浸透しています。しかし、個人のオンラインストレージに機密情報・個人情報をアップロードし社外に持ち出すなど、個人が無断でクラウドサービスを利用するシャドーITにより、情報漏えいリスクは高まっています。また、クラウドサービスのリスクを評価しないままの利用には、クラウド事業者へのサイバー攻撃による情報窃取・サービス停止などの危険も潜んでいます。企業がクラウドサービスを安全に利用していくためには、クラウドサービスの評価や利用状況を把握・追跡・制御するセキュリティ対策が必須です。

外部:不正アクセスによる情報窃取 クラウド事業者の事業終息 サイバー攻撃によるサービス停止 内部:意図しない機密情報公開 シャドーITによる情報持ち出し・盗難 IT管理者 クラウドサービス 攻撃者による情報消失、社内の情報漏えい→クラウド活用には「把握・追跡・制御」が不可欠!

サービス内容

Netskope(ネットスコープ)は、米国でトップクラスの導入実績を誇るCASB(キャスビー)製品で、企業はNetskopeの導入により、クラウドサービスの利便性を担保したまま、利用状況の可視化・リスク評価、制御ができ、クラウドを安全に活用するためのセキュリティ対策を講じることができます。

CASB(Cloud Access Security Broker)は、ガートナー社が2012年に提唱したものです。企業の管理セグメント外(クラウド)におけるセキュリティとガバナンスの課題を解決するための製品です。社員の業務効率と利便性を損なうことなく、自社のセキュリティポリシーを一貫して守りながら、クラウドを利用することができます。

利用者:社内 本社 リモートユーザ 社外 リモートユーザ モバイルユーザ(インターネット)  netskope:把握(利用クラウド把握、リスク評価) 追跡(操作証跡の取得) 制御(ポリシー設定、利用制御) クラウドサービス:非認可 認可 機密情報 認可

特長

point 1 把握
~利用クラウドサービスを検出し、リスク評価~
約20,000種類のクラウドサービスを判別し、利用状況の把握が可能になります。リスク評価基準に基づきクラウドサービスごとの評価が可能となり、業務利用の認められていない非認可クラウドサービスの利用が検出された場合の対策を迅速化できます。
point 2 追跡
~クラウドサービス利用の詳細な操作証跡を取得~
ファイル操作やメール操作など、クラウドサービス利用の操作証跡が取得できます。いつ、だれが、どのクラウドサービスで、どのファイルに対して、どのような操作をしたのかを取得でき、一元管理することができます。
point 3 制御
~機密情報の取り扱いを制御し、情報漏えいを防止~
あらかじめ作成したポリシーに従い、ファイル操作などの通信内容を監視することで、機密情報を含む通信に対する警告やブロックが可能です。機密情報の非認可クラウドサービスへのアップロードなどによる、情報漏えい事故の防止を図ります。

netskope 把握 追跡 制御 Netskope(ネットスコープ)は、クラウド利用の『把握・追跡・制御』を可能にし、クラウド活用におけるセキュリティ課題を解決します。 例えば、クラウド利用の見える化 詳細な操作証跡の取得 特定クラウドサービス利用の抑止

無償トライアルのご案内

netskope 無償 評価プログラム(PoC)

無償でご利用いただける評価プログラムをご用意しています。Netskopeの効果を実際にお確かめください。

構成変更なく容易に評価可能!

お申し込み後、既存のプロキシサーバ(もしくはFW)のログを提供いただくことで社内システムの変更なく評価可能です。

  • Netskopeクラウドへのログデータアップロードが必要となります。
  • 実際にNetskopeをPCにインストールしての評価が必要な場合は別途ご相談ください。

トライアルお申し込み別ウィンドウで開きます

価格

「お問い合わせ・資料請求」より、お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求別ウィンドウで開きます

カタログダウンロード

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、セキュリティブランド「SecureOWL」を展開しています。
鋭い眼光と広い視野で暗闇でも見通すフクロウ(OWL)をブランドのキャラクターとしました。お客様の環境を監視し、大切な情報を守るためのセキュリティソリューションを提供します。