内部脅威対策

概要

標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃は、インターネット上に公開している環境だけでなく、組織内部のネットワーク・エンドポイントまでを対象とした脅威へと進化を遂げています。また、その対策は、システムだけではなく利用する「人」のリスクも含めて考慮する必要があります。
KCCSが提供する内部脅威対策ソリューションでは、標的型攻撃や内部不正などの従来のセキュリティ対策では対応できないセキュリティ脅威に対し、AIや機械学習などを採用した最先端のセキュリティソリューションを提供しています。

特長

point 1 AIや機械学習を採用した次世代型セキュリティ
標的型攻撃をはじめとした攻撃では対象ごとにカスタマイズされた攻撃手法が用いられるため、内部脅威対策では、従来型のセキュリティ対策では対処できないことが実情です。また、各種セキュリティ対策の利用(多重防御)による運用負荷の増加も大きな課題となっています。
KCCSでは、これら最新の脅威に対応するため、AIや機械学習などを採用したセキュリティソリューションをいち早く採用し、最新の脅威に対応する効率的な内部脅威対策ソリューションを提供しています。
point 2 標的型攻撃などの攻撃や内部不正までをサポート
KCCSの内部脅威対策は、組織内のネットワークからエンドポイント端末、さらには職員一人ひとりの操作や企業の管理セグメント外(クラウド)の環境の利用状況まで、可視化を通じたセキュリティ対策を可能とします。
これにより、組織や職員ごとに普段と異なる挙動を監視し、標的型攻撃などのサイバー攻撃から内部犯行まで、従来のセキュリティ対策では対応できない新たなセキュリティ脅威に対応しています。
point 3 お客様のご要望に対応するプロフェッショナルサービス
KCCSでは、官公庁から民間企業まで幅広い業種のお客様に対し、プロフェッショナルサービスを提供しています。
セキュリティ対策における設計から構築・運用までの豊富な実績に加え、データセンターの運営ノウハウを活用したネットワークインフラの構築・運用など、お客様のさまざまな課題解決を支援します。

商品一覧

導入事例

ページトップへ