外部脅威対策

概要

サイバー攻撃は日々進化を遂げており、多くの企業がその脅威にさらされています。
攻撃の対象は、インターネット上に公開しているシステムだけでなく、関連企業や委託先などを含めたサプライチェーン全体となってきており、拡大するビジネスパートナーのセキュリティリスクを包括したセキュリティ対策が必要です。
KCCSが提供する外部脅威対策ソリューションでは、豊富な実績を誇る脆弱性診断や改ざん検知ソリューションに加え、お客様環境に応じたセキュリティ対策を提供しています。

特長

point 1 予防段階から対応するKCCSの外部脅威対策
外部脅威対策では、境界防衛などの「防御」対策が広く普及していますが、その「予防」や「早期検知」機能を強化することで、攻撃を防ぎ被害が拡大するリスクを大幅に低減することが可能です。
KCCSでは、10年以上の実績を誇る「脆弱性診断」や「改ざん検知」に加え、物理・仮想・クラウド環境までを含めた、包括的な外部脅威対策ソリューションを提供しています。
point 2 最新の脅威や各種規定遵守に効果を発揮するKCCSの改ざん検知ソリューション
改ざん検知ソリューションは、公開サーバに対する改ざん検知だけでなく、標的型攻撃などにおけるマルウェアの活動や、内部不正やオペレーションミスの検知にも効果を発揮します。その他、PCI DSSをはじめとする規定遵守においても多くのお客様に利用いただいています。
KCCSでは、単なる改ざんの検知だけでなく、最新の脅威やさまざまな課題の対策として「改ざん検知ソリューション」を展開しています。
point 3 お客様のご要望に対応するKCCSのプロフェッショナルサービス
KCCSでは、官公庁から民間企業まで幅広い業種のお客様に対し、プロフェッショナルサービスを提供しています。
セキュリティ対策における設計から構築・運用までの豊富な実績に加え、データセンターの運営ノウハウを活用したネットワークインフラの構築・運用など、お客様のさまざまな課題解決を支援します。

商品一覧

導入事例

ページトップへ