テレワークセキュリティサービス ~テレワークセキュリティ相談窓口・セキュアテレワークサービス無償提供開始~ セキュアブラウザサービス「BizWalkers+ Mobile」

新型コロナウイルス対策で緊急の在宅勤務を検討されている企業様向けテレワークに必要なセキュリティ対策を支援

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐため、日本政府は在宅で勤務するテレワークを推進しており、安倍晋三首相が小中高の休校要請を出したことで、その必要性はさらに高まっているといえます。

しかし、「急にテレワークを導入するのは難しい」と、突然の事態に戸惑っている企業の経営者や担当者は多いと考えます。
非常時ということで今回新たにテレワークを導入した企業では、重要なデータを持ち出す機会が増えることからセキュリティを高める取り組みが必要となります。
また、以前からテレワーク導入済みの企業でも「明日から全員」となると、在宅勤務する際の持ち出しPCの調達やコミュニケーション手段の確保といった、普段はテレワークをしていない社員を考慮した対応が必要となり、セキュアなテレワーク環境の整備には課題が多数あります。

そこで、SecureOWLでは、自社でのテレワーク運用実績とセキュアなテレワークのためのソリューションを提供してきた導入ノウハウをベースに、テレワークセキュリティに精通したオペレータによる「無償テレワークセキュリティ相談窓口」を開設し、企業のテレワーク導入を支援いたします。

加えて、緊急で「明日から全員在宅勤務」となった場合にセキュリティも含めた課題を解消するため、BYOD(私有端末の業務利用)を前提とした、「自宅PCから会社のクラウドサービスだけにセキュアにアクセスできる環境」を構築するサービスの無償提供を、2020年3月16日より開始いたします。

新型コロナウィルス感染の影響拡大に伴い、無償提供期間を延長しました。

無償テレワークセキュリティ相談窓口

無償テレワークセキュリティ相談窓口では、お客様の課題や要望をヒアリングさせていただき、セキュリティに精通した担当者がテレワークやBYOD導入時のセキュリティ対策として抑えるべきポイントについてお答えします。

<相談方法>無償テレワークセキュリティ相談窓口へ電話またはメールでご連絡ください。


<開設期間>2020年3月16日より2020年6月末日までの平日9時~17時(土・日・祝日は除く)

<相談内容の例>
 以下のような課題を抱えてお悩みの皆様はご遠慮なくご連絡ください。
・既存のリモートアクセス設備を増設するためには機器や回線の準備に数ヶ月かかる
・メールはクラウドを利用しているがセキュリティ上の不安から社外利用は制限している
・テレワークをするための持ち出しPCを全員に貸与できない
・セキュアブラウザを導入しているがスマートデバイスからしか利用していない
・仮想デスクトップ(VDI/SBC)のテレワーク環境があるが全員に提供するには高額過ぎる
・テレワーク時のシャドーITやPCのパッチ適用状況などの確認方法がない。

セキュアテレワークサービス「BizWalkers+ Mobile」無償提供

BizWalkers+ Mobileは、デバイスにデータを残さない専用ブラウザ「セキュアブラウザ」からのみ、社内システムやクラウドサービスなどの業務システムが利用できるクラウドサービスです。
テレワークやBYODなどへの対応を支援し、いつでも・どこでも安全に仕事ができる環境を提供します。

ご提供に関するご注意事項・補足事項

<対象企業>今回から利用を希望される、法人、団体、教育機関など

<申し込み方法>無償テレワークセキュリティ相談窓口へ電話またはメールでご連絡ください。


<最大利用ユーザ数>一つの法人、団体、教育機関につき、1,000ユーザまで。
<利用申込期間>2020年3月16日より2020年6月末日弊社到着分まで。
<費用>無償(クラウドサービス以外のコンテンツをご利用される場合、スマートデバイスからご利用いただく場合は別途ご相談)
<無償利用期間>利用開始日より2020年9月末日まで。
※サービス内容は予告なく変更する場合があります。

ご紹介のサービス/ソリューション
セキュアブラウザサービス「BizWalkers+ Mobile」

カタログダウンロード

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、セキュリティブランド「SecureOWL」を展開しています。
鋭い眼光と広い視野で暗闇でも見通すフクロウ(OWL)をブランドのキャラクターとしました。お客様の環境を監視し、大切な情報を守るためのセキュリティソリューションを提供します。