SecureOWLとは

サイバーセキュリティのさまざまな領域に対し、コンサルティングから対策のためのソリューション導入、運用監視機能まで支援が可能です。
インターネット創生期の、まだサイバーセキュリティに対する理解が浅かったころから取り組みを行い、24時間365日の稼働を支援するデータセンターの提供、モバイル決済のためのセキュリティ設計、普及のため利用者に対するモジュールの提供・サポートを行い、業界の成長を支えて参りました。
インターネットの普及後は早くからWebセキュリティに対するリスクの警笛を上げ、各種ソリューション、コンサルティングサービスの拡充、監視サービスの提供を通じさらなる高度IT化時代を支えています。

1SecureOWLは日々変化する脅威からお客様の大切な情報を守り、経営に専念できる環境を提供します

企業のIT環境は常に変化し、それに伴い内部・外部からの脅威も日々変化しています。KCCSは、この日々変化する脅威に対し、「診断・コンサルティング」「対策」「監視」という3つの観点で、リスクアセスメントを含むコンサルティング、対策導入、運用までのトータルセキュリティソリューションを提供しています。

サイバー攻撃、内部不正はもう見逃さない! Secure OWL 1. 診断・コンサルティング システムに弱点はないか? 2. 対策 攻撃を防いで対策を打つ! 3. 監視 大事なのは日々の監視と改善! さあ、フクロウの力をあなたに

2SecureOWLは外部・内部のさまざまな脅威に対応できます

昨今、不正アクセスの攻撃方法はホームページやECサイトなどの公開サーバを狙った攻撃とPCや社内システムなど内部ネットワークを狙った攻撃に二分されます。これらの攻撃に対してKCCSは、さまざまなソリューションをご提案します。

診断・コンサルティング

診断

  • 情報漏えい対策(現状分析サービス)
  • IoT脆弱性診断
  • Webアプリケーション脆弱性診断
  • ゲームセキュリティ診断
  • ぺネトレーションテスト・NW脆弱性診断サービス
  • PCI DSS準拠診断サービス
  • スマートフォンアプリケーション脆弱性診断

コンサルティング

  • セキュリティ方針策定支援
  • ロードマップ作成支援
  • セキュリティ教育支援
  • インシデント対応支援

外部脅威対策

IDS/IPS

  • Trend Micro Deep Security(クラウドサーバセキュリティ)

PCI DSS準拠

  • PCI DSS準拠支援ソリューション

改ざん検知

  • Tripwire Enterprise(改ざん検知・侵入検知)
  • Trend Micro Deep Security(クラウドサーバセキュリティ)

内部脅威対策

ネットワークセキュリティ(未知のネットワーク脅威検知)

  • Darktrace(ダークトレース)

クラウドセキュリティ総合管理

  • Netskope(クラウドセキュリティ/CASBサービス)

エンドポイントセキュリティ

  • LanScope Cat/プロテクトキャット

クラウド・モバイル

セキュアモバイルアクセスサービス

  • セキュアブラウザサービス「BizWalkers+ Mobile」
  • リモートアクセスサービス「NET BUREAU」

スマートデバイス管理

  • LanScope An

監視・運用支援

SecureOWL Center+IT Management Center

検知

  • セキュリティイベント監視
  • システム・通信・リソース監視

運用

  • 各種レポーティング
  • ポリシーチューニング
  • パッチマネジメント
  • DARKTRACE
  • netskope
  • Protect Cat Powered by Cylance
  • TREND MICRO™

ソリューション一覧へ

3SecureOWLはサービスの幅広さ・実績を評価いただき、多くの企業の環境を監視し、大切な情報をお守りしています

point 1 20年の取り組みと実績
セキュリティへの取り組みを開始してから20年間、官公庁から民間企業まで幅広い業種のお客様に対して、さまざまなセキュリティ対策を支援し、評価いただいて参りました。中でもWebアプリケーション脆弱性診断サービスは8,800サイト以上の診断実績を有しています。また、改ざん検知ソリューションのTripwireについては、1,000システム以上にサービス提供を行い、これらの経験を新たなサービス開発へフィードバックすることで、お客様に寄り添ったサービスを提供するよう心掛けています。
point 2 セキュリティに対する先進的な取り組み
KCCSではセキュリティに対する取り組みにいち早くAI(人工知能)の技術を応用しました。
AIを活用することで、ネットワークを素早く可視化でき、同時にインシデント発生時の原因や影響範囲特定を、少人数で完結できるソリューションを提供することに注力しています。またエンドポイントの防御にもAIを活用し、これまでのアンチウィルスが苦手とする未知のマルウェアであっても高い検知を実現するとともに、プログラム実行前にその動作を抑止するソリューションを提供しています。
point 3 トータルサポート
サイバー攻撃の高度化に伴い、公開システム/社内システムを問わず総合的なセキュリティ対策が求められています。KCCSはリスクアセスメントを含むコンサルティングから内部脅威・外部脅威の診断だけでなく、改ざん検知や各種攻撃の防御などの対策、内部からの情報漏えいや未知の標的型攻撃などの監視までトータルにサポートします。

SecureOWLとは?

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、セキュリティブランド「SecureOWL」を展開しています。
鋭い眼光と広い視野で暗闇でも見通すフクロウ(OWL)をブランドのキャラクターとしました。お客様の環境を監視し、大切な情報を守るためのセキュリティソリューションを提供します。

  • 1999年
    • 1999年10月 KDDIと共同でインターネットデータセンターを設立
    • 1999年10月 Tripwire, Inc.とKCCSが提携(日本国内への販売開始)
  • 2002年
    • 2002年11月 nCircle Network Security, Inc.とKCCSが提携(日本国内への販売開始)
  • 2004年
    • 2004年11月 脆弱性診断サービスを販売開始(2018年3月までに8,800サイト以上の診断実績)
    • 2004年11月 Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の取り扱い開始
  • 2009年
    • 2009年8月 PCI DSSに対応した診断サービス:PCIスキャンサービス販売開始
    • 2009年8月 業界唯一「ウェブ健康診断」を地方自治情報センター(現:地方公共団体情報システム機構)および業界有識者とともに策定
  • 2011年
    • 2011年11月 トレンドマイクロ社「Trend Micro Deep Security」を提供開始
  • 2012年
    • 2012年10月 Webアプリケーションセキュリティに絞った脆弱性対策の要求仕様モデルを、地方自治情報センター(現:地方公共団体情報システム機構)、業界有識者とともに策定
    • 2012年11月 エムオーテックス株式会社に資本参加
  • 2015年
    • 2015年5月 内部脅威などを対象とした診断サービスを拡充し、セキュリティビジネスにおける新ブランド「SecureOWL」を展開
    • 2015年10月 Darktrace社と業務提携し、サイバー脅威対策製品を提供開始
  • 2016年
    • 2016年5月 日本シーサート協議会に加盟
  • 2017年
    • 2017年2月 Netskopeと業務提携し、CASB製品(クラウド利用の可視化)を提供開始
    • 2017年5月 セキュリティ監視・運用センター「SecureOWL Center」を開設

ページトップへ