SWG(Secure Web Gateway)ってなに? 用語集

答えURLフィルタリング、アプリケーションフィルター、アンチウイルス、サンドボックスなど複数のセキュリティ機能を搭載した、主にクラウド型で提供されるプロキシサービスのことです。


リモートワークの活用など働き方の急速な変化により、ユーザーがどこからでも、どのデバイスからでも、安全に業務が遂行可能となる業務環境が必要となっています。
従来のURLフィルタリングを使ったオンプレミス型のプロキシでは、社内ネットワークから特定のWebサイトへのアクセスを制御する、といった限定的なリスクにしか対応できません。そのため、さまざまなデバイス・ロケーションから接続し、多種多様なサイバー攻撃を受けるリスクがあるユーザーを、オンプレミスのプロキシのみで守ることが難しくなってきています。

クラウドサービスとしても提供可能なSWGを導入することで、このようなオンプレミスのプロキシだけでは解決できない課題を解決することが可能です。
SWGはクラウド型で提供されるため、アクセス元のロケーションやデバイスを意識することなく、ユーザーを制御することが可能です。
また、URLフィルタリングのみでなくアプリケーションフィルター、アンチウイルス、サンドボックスなどのセキュリティ機能を搭載しているため、さまざまな脅威からユーザーを守ることが可能です。

この課題を解決するサービス/ソリューション
Netskope(クラウドセキュリティ/SASE)

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページトップへ