テレワーク時代になり世間はニューノーマルになっているけど、サイバーセキュリティも変化は必要なの? 企画・検討フェーズ

答え必要です。
クラウドプロキシ型やエンドポイント型でのサイバーセキュリティの対策に見直していきましょう。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防ぐため、日本政府は在宅で勤務するテレワークを推進しており、働き方の変化に伴って、ニューノーマルな時代に突入しています。
これにより、セキュリティ対策が十分に検討出来ていない状況で、急なテレワーク対応を開始してしまった企業も多かったのではないでしょうか?
ニューノーマルな時代にあわせたサイバーセキュリティの対策を進める必要があると考えます。

これまで、社内ネットワーク経由で通信するという前提で考えられた対策により、ネットワーク型のセキュリティ対策に投資が傾いている企業は少なくないと思います。

テレワーク前提の社会に変わりつつある昨今では、これまで投資してきたネットワークセキュリティでの入口対策では意味をなさない可能性がでてきており、在宅であっても通信などを検証するというゼロトラストモデルでのセキュリティ対策が必要であると考えます。

リモートアクセス(VPN接続等)で社内に接続するポリシーであっても、リモートアクセス機器が全社員の通信に耐えられる様な設計になっていなかったり、そもそもリモートアクセス(VPN接続)しなくても、例えばクラウド環境が整備されていたりすることで、業務ができたりするのではないでしょうか?
そこで、ネットワーク型のセキュリティ対策は、重要サーバ(ファイルサーバやActiveDirectry、社内へのVPN通信の入口など)への監視として必要不可欠ですが、これからはクラウドプロキシ型やエンドポイント型のセキュリティ対策への重要度が増してきていると考えます。
テレワークにより、社内ネットワークに通信が流れない可能性が高くなってきています。
また、急なテレワークにより、自社のセキュリティ課題が不明瞭な場合などは、セキュリティコンサルへ、ご相談いただければと思います。

この課題を解決するサービス/ソリューション
クラウドプロキシ型 リモートアクセス
ルール違反対策(通信ログ)
エンドポイント型 マルウェア対策
ルール違反対策(操作ログ)
検疫・修正プログラム適用
セキュリティコンサル コンサルティングやテレワーク教育 など

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページトップへ