クラウドの活用を推進する上でセキュリティとして何に気をつけたらいいの? 企画・検討フェーズ

答えまずはどんなクラウドが利用されているのか把握しましょう。

クラウドの活用度合いは企業により大きく異なりますが、その割合の大小にかかわらず、どのようなクラウドが、どのように利用されているかを把握することは重要です。

企業により提供されているクラウドサービスはセキュリティに対する考え方もさまざまです。
中にはセキュリティ対策が十分になされていないサービスも存在します。
また会社として禁止しているにもかかわらず、私用のアカウントを利用しているケースも存在します。

まずは利用実態を把握し、安全度が低いサービスが利用されている場合は、理由を説明の上、利用をしないように促すとともに、別のサービスへ誘導することも必要です。

KCCSではクラウドサービスの利用状態をすばやく把握するとともに、利用されているクラウドサービスの安全性を一目で把握可能なソリューションで、クラウド活用による業務改善をサポートします。

この課題を解決するサービス/ソリューション
Netskope(クラウドセキュリティ/CASBサービス)

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページトップへ