マルウェアって今までのウィルスと何が違うの? 用語集

答えウィルスとはマルウェアの一種です。

ウィルスとマルウェア、よく聞く言葉ですが、その違いって言われると、難しいですよね。
マルウェアとは「malware」と綴り、「malicious(悪意がある)」と「software(ソフトウェア)」を組み合わせた造語になります。
一方「ウィルス」とは、単体では機能せず、既存のプログラムの一部を改ざんすることで増殖したり、悪さをするもので、あたかも病気に感染する際のウィルスの増殖に似ていることから、この名前が付けられました。

また、マルウェアにはウィルス以外にも「ワーム」や「トロイの木馬」「スパイウェア」といったものが含まれます。 「ワーム」は、悪さをする点ではウィルスと同じですが、単体で増殖をすることができる点はウィルスと異なります。
また、「トロイの木馬」とは無害なファイルを装ってコンピュータの内部に侵入するための入口となる様子が、ギリシャ神話のトロイの木馬と似ていることから、この名前が付けられました。
「スパイウェア」とはコンピュータの動作に悪さをすることが目的ではないため、増殖機能は持っていませんが、感染に気付かれないよう動作を隠匿します。その目的はあたかもスパイのように気づかれずに情報を窃取することにあります。

以前はそれぞれが独立したプログラムでしたが、近年はそれぞれの特徴を活かしながらプログラムされた「マルウェア」が、スパイのように存在を隠匿して潜伏しづつけ、情報を窃取しようとしています。

KCCSでは進化し続けるマルウェアに対する最適なソリューションを提供しています。

この課題を解決するサービス/ソリューション

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページトップへ