セキュリティ、何から手を付けていいかわからない 企画・検討フェーズ

答えまず、何を守るのか整理しよう。

技術革新が進む中でもセキュリティ対策として変わらないのは、情報資産の優先順位付けです。

  • 1)企業としてどのような情報資産を保有しているのか。
  • 2)それぞれの情報資産がリスクにさらされたときの影響度合はどの程度か。
  • 3)そのリスクをどのように対応(軽減、回避、転嫁、受容)するのか。

KCCSでは情報資産の洗い出しを漏れなく、簡単にできる方法で支援します。

この課題を解決するサービス/ソリューション
情報漏えい対策(現状分析サービス)

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページトップへ