研究

ビジネスニーズを高度なテクノロジーと結びつける

2019年入社

研究部 システム研究課 L.S

あなたにとって働くとは?

社会に貢献する

業務内容とそのやりがいは?

AI技術の最近の進歩は、多くのビジネス上の問題を解決し、人々の生活の質を向上させるのに役立つと強く信じています。これが、KCCSが現在、最新のテクノロジーを活用できる新しいビジネスに積極的に取り組んでいる理由であり、簡単なことではありませんが、非常に興味深いものです。さらに、統計的手法と機械学習手法を使用して、すでに開発されたシステムのパフォーマンスを改善する方法も研究しています。約1年前にKCCSに入社して以来、まだまだ知らないことがたくさんあり、学ぶべきことがたくさんありますが、新しい技術を学ぶプロセスは非常に興味深く、やりがいがあります。

経験を積むことでどんなスキルが身に付きましたか?

私は入社後にさまざまなスキルを身に付けることができました。最新の技術を使用したデータ分析プロセスに携わっており、プログラミングスキルを向上させるだけでなく、ビッグデータ処理の経験を積み、さまざまな機械学習アルゴリズムに関する多くの知識を得ることができたと感じています。
また、技術的なスキルに加え、新たなビジネスをゼロから計画することもありました。ビジネスにおけるニーズを正確に把握する必要があり、それを踏まえた提案を準備する必要があるため、この過程は非常に複雑です。さらに、ビジネス目標を達成するため、潜在的に使用できる適切なテクノロジーを慎重に選択する必要があります。さらに、チームの一員として共通の目標を持って働くことにも慣れてきました。チームで仕事をするには、メンバーで職務を分割し、協力し、アイデアを共有するスキルも必要です。

KCCSのおすすめポイントは?

部署を超えて、社内の人々の間には強いコラボレーションの精神があります。問題や懸念がある場合は、自由に議論することもでき、常にお互いをサポートしようとします。また、KCCSのもう1つの魅力的な点は、多くの人々が最先端の技術を使用した研究開発に関与しているということです。キャリアの初期段階であっても、そのような最先端プロジェクトに携わることができます。このような環境もあり、多くのスキルを非常にスピーディーに身に付けることができます。

今後目指す、未来の自分は?

現在、多くの業界のビジネスモデルは、新しいテクノロジーとビッグデータにより劇的に変化しています。そのため、大量のデータの中から貴重な情報を見つけて革新的なソリューションを提案できる人物が必要とされています。私は、このような状況を踏まえ、ビジネスニーズを高度なテクノロジーと結びつけることができる人物になりたいと考えています。また、さまざまな国の企業間でコラボレーションを促進できる人にもなりたいです。

プライベートなこと聞いてみました

出身地は?
ロシア
休日の過ごし方は?
読書、料理
好きな食べ物は?
お好み焼き、ボルシチ
自分を動物に例えると?
ふくろう(理由:夜に活動することが好きなので)
胸が高鳴るときは?
スノーボードをするとき
弱点は?
日本語が上手に話せません(勉強しているのですが、なかなか難しいです・・・。)
必殺技は?
自分を批判的に見ることができる

ENTRY

各採用のエントリーはこちらから受け付けています。

ENTRY