システムエンジニア

社内全体のスキル向上を先導するプロジェクトリーダー

2010年入社

ERPソリューション部 東日本ERPソリューション課 Y.F

あなたにとって働くとは?

お客様を通して、自分の価値を感じること

KCCSに入社を決めた理由は?

他の企業にはない温かさ

KCCSとの出会いは、学生時代のアルバイトを通じ、取り引きをする機会があったことが始まりです。KCCS社員の実際の仕事ぶりを間近で見ていて、仕事の丁寧さや人当たりの良さを感じ興味を持ちました。私が就職活動をしているときはちょうど、世界経済が揺れ動いている時期でした。そのため、どの企業もいわば「ふるいに掛ける」ような対応が多かった中、KCCSの当時の採用担当の方からは、面接で自分の力をどう表現したらよいのかなど親身にアドバイスをいただき、他の企業にはない温かさを感じたことが決め手となりました。

働いて発見したKCCSの面白さは?

一人では考えつかない夢のような事業の話ができる環境

仕事はもちろんですが、イベントも盛んに行われる社風があります。そのため、通常では接点のない他の社員とも部署の垣根を超えた交流が気軽に行えるようになります。今では同期だけでなく、他部門の方と飲みに行く機会も増えました。もともと勝負事が好きだったので、イベントに参加することが単純に楽しいというのもありますが、そうした交流の中で、一人では考えつかない夢のような事業の話が自然とできるのは、面白い職場環境だと思います。

ご自身の仕事内容と、超えてきた経験は?

社内全体のスキル向上や体制を強化

私は製造業向けERPパッケージの導入コンサルティングを中心に、業務改善や経営数字の見える化、お客様に合わせたパッケージのアドオン開発を行なっています。入社時は新規事業だったこともあり、自分一人がスキルを磨くだけではなかなか成果につながらないことを実感し、苦労することもありました。しかし、社内だけでなく、社外のパートナーとも協力して、社内全体のスキル向上や体制を強化することで新規事業を早期に立ち上げることができました。現在は大規模プロジェクトのプロジェクトリーダーとして、国内外を飛び回っています。海外のパートナー企業にも協力していただき、プロジェクトの完遂時にはともに喜びを分かち合っています。

今後目指す、未来の自分は?

日本の製造業を盛り上げていける存在

ERP事業は自社だけでなく、他社の経営手法や社風を知ることができる部門です。KCCSでも実践している京セラ独自の経営管理手法「アメーバ経営」と比較できる点、また、企業それぞれの独自の社風を感じられる点など、面白い経験ができる仕事だと感じます。国内製造業の競争力は年々低下してきており、厳しい状況にあります。そのような中で、ゆくゆくはKCCSの功労者としてだけでなく、業界の顔として、広く知識や経験を世に伝えて、日本の製造業を盛り上げていく存在になりたいと考えています。あとは良い家庭を築ければ満足です(笑)。

プライベートなこと聞いてみました

出身地は?
東京都
休日の過ごし方は?
フットサル、サイクリング、リアル脱出ゲーム
好きな食べ物は?
パン、ヨーグルト
自分を動物に例えると?
ペンギン(理由:冷静)
胸が高鳴るときは?
勝負事に勝ったとき
弱点は?
花粉症
必殺技は?
美味しいご飯の自慢

ENTRY

各採用のエントリーはこちらから受け付けています。

ENTRY