受付中
オンライン

第23回 図書館総合展2021_ONLINE_plus

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、来る11月1日(月)~11月30日(火)に開催される「図書館総合展2021_ONLINE_plus」において、「つながる・ひろがる・みつかる ~みんなのそばに図書館を~」をテーマに、ICT・AIを活用したさまざまなソリューションをご紹介します。
また、「一万円選書」有限会社 いわた書店 代表取締役 岩田 徹 氏、「デジタルアーカイブ」慶應義塾大学 文学部 図書館・情報学専攻 准教授 福島 幸宏 氏、「audiobook」株式会社オトバンク 代表取締役社長 久保田 裕也 氏をお招きし、オンデマンド形式にて、フォーラムを行います。ぜひご参加ください。

フォーラムの詳細はこちら

フォーラム1 「DX」 × 「図書館」 = 新しい図書館のカタチ
本は読者に届いているのだろうか?~「一万円選書」の目指すもの~

フォーラム2 「DX」 × 「図書館」 = 新しい図書館のカタチ
デジタルアーカイブと図書館システムの未来

フォーラム3 「DX」 × 「図書館」 = 新しい図書館のカタチ
音声で広がる図書館の未来

フォーラム4 「DX」 × 「図書館」 = 新しい図書館のカタチ
「SHELF EYE」AI蔵書管理サポートサービス(AIによる蔵書管理、利用者サービスの変革)

開催概要

名称

第23回 図書館総合展2021_ONLINE_plus

公式サイト

日程 2021年11月1日(月)~11月30日(火)
会場 Webサイトと小会場群(サテライト会場)をつなぐハイブリッド形式
※KCCSはWebサイト展示のみ
対象者 地方自治体、大学・学校など図書館および学術関連機関の運営に携わる関係者
※フォーラムの申し込みにつきましては、同業者さまはお申し込みをお断りさせていただきます。
参加費 展示:無料
フォーラム:事前登録制 ※各フォーラムのサイトにてお申し込みください
主催 図書館総合展運営委員会
企画・運営 株式会社カルチャー・ジャパン(JCC)

出展概要

キャッチコピー つながる・ひろがる・みつかる ~みんなのそばに図書館を~
見どころ

公共図書館システム「ELCIELO(エルシエロ)」
進化する図書館システムELCIELO(エルシエロ)は、法令改正にいち早く対応し、新しい業務機能や利用者サービス機能を提供してきました。新バージョンでは、AI技術・各種アプリケーションとの連携を取り入れることで、働き方改革を考慮した斬新な図書館サービスをご紹介します。

大学図書館システム「CARIN-i(カリン-アイ)」
利用者への知へのナビゲーターをコンセプトに、今まで蓄積してきたノウハウと新技術を融合し、新たな知識の習得をナビゲートする図書館システム「CARIN-i(カリン-アイ)」をご紹介します。インターネットを介在とする教育環境での外部システムとの有機的連携を十分にご覧ください。

学校図書館システム「EL-1(イーエル-ワン)」
短期間で導入可能な学校向けの図書館システム「EL-1(イーエル-ワン)」は、学生にも職員にも分かりやすい画面設計で、初めて利用する人でも直感的に操作することができます。充実した学習環境づくりをサポートし、図書館で生徒の「学ぶ楽しさ」「新しいことを知る楽しさ」を育むサービスをぜひご覧ください。

AI蔵書点検サービス「SHELF EYE(シェルフ アイ)」
本の背表紙画像をAIで解析して蔵書点検の効率化を支援するサービス「SHELF EYE(シェルフ アイ)」をご紹介します。タブレット端末のカメラ機能で撮影した複数冊の背表紙画像を独自開発AIが解析し、1冊ずつ手に取り確認することなく、まとめて確認することができ、蔵書点検における本の読み取り作業の効率化をご提案します。

電子図書館システム「BookLooper(ブックルーパー)」
時間や場所を選ばず、さまざまな情報にアクセスできる電子図書館システム「BookLooper(ブックルーパー)」をご紹介します。企業における社員教育、大学における教育・研究に役立つ、ICTを活用した新しい図書館像をご提案します。

KCCSフォーラム

KCCSフォーラム1

「DX」 × 「図書館」 = 新しい図書館のカタチ
本は読者に届いているのだろうか?~「一万円選書」の目指すもの~

KCCSフォーラム1 の詳細・お申し込みはこちら

KCCSフォーラム2

「DX」 × 「図書館」 = 新しい図書館のカタチ
デジタルアーカイブと図書館システムの未来

KCCSフォーラム2 の詳細・お申し込みはこちら

KCCSフォーラム3

「DX」 × 「図書館」 = 新しい図書館のカタチ
音声で広がる図書館の未来

KCCSフォーラム3 の詳細・お申し込みはこちら

KCCSフォーラム4

「DX」 × 「図書館」 = 新しい図書館のカタチ
「SHELF EYE」AI蔵書管理サポートサービス(AIによる蔵書管理、利用者サービスの変革)

KCCSフォーラム4 の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日は除く)