受付終了
オンライン

KCCSフォーラム1
Withコロナ時代において公共図書館に求められるもの
~基調講演:奈良大学 嶋田 学 教授(元瀬戸内市民図書館館長)~

受付は終了しました。

当社Webセミナーにて反響をいただき、図書館総合展フォーラムでも継続配信させていただくことになりました。

昨今、新型コロナウィルス感染症対策の中でさまざまな課題を抱えておられると思います。
世の中や当社での事例などを交えながら、当社が考える課題と対策をご紹介します。

本セミナーでは、基調講演に奈良大学の嶋田教授をお招きして、Withコロナ、Afterコロナ時代における図書館のあり方、目指すべき姿についてご講演いただきます。

その後、当社から、Withコロナ時代に向けた図書館システムの新たな取り組みとして、「耳で聴くオーディオブック+電子図書館」「画像解析AI(蔵書点検)」などのICTを活用した当社の図書館ソリューションを事例を交えながらご紹介します。

是非、お気軽にお申し込みください。

開催概要

名称

KCCSフォーラム1
Withコロナ時代において公共図書館に求められるもの
~基調講演:奈良大学 嶋田 学 教授(元瀬戸内市民図書館館長)~

日程
  • 2020年11月4日(水)13:30~14:45[開場13:20~][受付終了]
  • 2020年11月5日(木)13:30~14:45[開場13:20~][受付終了]
  • 2020年11月6日(金)13:30~14:45[開場13:20~][受付終了]
※開催(全3回)各回の内容は同一です
会場 オンライン開催(Zoom)
※お申し込み後、セミナー開催日の前日までに受講証を電子メールにてご送付します
対象者
  • 自治体職員の方
  • 公共図書館職員の方
  • 公共図書館指定管理者など(公共図書館の運営に関わる方)
定員 200名
参加費 無料(事前登録制)
主催 京セラコミュニケーションシステム株式会社

プログラム

【基調講演】Withコロナ、Afterコロナ時代における図書館のあり方、目指すべき姿

  • 図書館への影響
  • 閉館中の図書館での取り組み ~Withコロナ~
  • Withコロナで見えた図書館の課題
  • Afterコロナ時代の図書館 そのあり方と目指すべき姿

学校法人 奈良大学
文学部 文化財学科
教授
嶋田 学 氏

Withコロナ時代において公共図書館に求められるもの

  • Withコロナに向けた課題と対策
  • Withコロナに向けた取り組みのご紹介
    - 耳で聴く本 オーディオブックサービスの事例
    - 電子図書館サービスの事例
    - AIを利用した蔵書点検サービスについて
    - AIを利用した電話対応、レファレンス業務について
    - 弊社図書館システムELCIELOのご紹介

京セラコミュニケーションシステム株式会社
東京文教ソリューション課
野村 沙弥子

お問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日は除く)