受付中
東京都

「シャドーIT」「不正アクセス」対策はできていますか?事例で語るクラウドセキュリティセミナー

昨今、働き方改革に伴い企業におけるクラウドサービスの業務利用が劇的に増加し、シャドーITや不正アクセスへの対策が急務となっています。
本セミナーでは、企業におけるクラウドサービス活用に潜むリスクや課題を、シングルサインオン(SSO)サービスとCASBでどのように解決できるのかを解説します。
クラウドセキュリティに対して積極的に取り組んできた当社が、現場の導入・運用事例を踏まえ分かりやすくご説明しますので、ぜひとも、お気軽にご参加ください。

開催概要

名称

「シャドーIT」「不正アクセス」対策はできていますか?
事例で語るクラウドセキュリティセミナー

日程 2019年10月25日(金)15:00~17:10(14:30~受付)
会場 京セラコミュニケーションシステム株式会社 三田事業所
東京都港区三田3-11-34 センチュリー三田ビル5階
  • 都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」A4出口より徒歩3分

地図

対象者
  • ご利用中のクラウドサービスのセキュリティ対策を強化したい方
  • 社外への持ち出し端末のクラウド利用に不安を抱えている方
定員 30名
参加費 無料(事前登録制)
主催 京セラコミュニケーションシステム株式会社
協力 株式会社インターナショナルシステムリサーチ

詳細

プログラム1 クラウドサービス利用時のセキュリティリスクと「CloudGate UNO」による解決策とは?

企業におけるクラウドサービスの業務利用が昨今急激に増加しており、その一方でセキュリティ対策を検討せずに使い続けている企業が増えています。そのため不正アクセスや情報漏えい等の課題が放置されたまま、いざ事故が発生してから対策に悩まされるという状況が後を絶ちません。本講演では昨今のクラウドサービス利用に関する実情や、潜むリスクについてISR社の提供するSSO (CloudGate UNO)がどのように解決していくか紹介いたします。

株式会社インターナショナルシステムリサーチ(ISR社)
営業部
マネージャー
宇田津 洋之 氏

プログラム2 「Netskope」による安全なクラウド利用環境の実現方法

不正なクラウド利用を制御し安全にクラウドを活用する方法に関して、いち早くCASBの導入を行ってきた講演者が解説します。また、本講演ではCASB製品として著名なNetskopeの導入から制御に至るまで、事例を踏まえながら現場の立場に立って分かりやすく解説します。

京セラコミュニケーションシステム株式会社
セキュリティ事業部
インテグレーション課
山田 篤志

プログラム3 事例で語る!「Netskope」と「CloudGate」を利用したクラウドセキュリティの勘所

NetskopeとCloudGateを採用した当社の導入目的や運用方法を、実際に運用している当社CSIRT担当が解説します。本講演では、SSOやCASB製品の導入をお考えのお客様に対して、当社の事例をもとに、クラウドサービスのセキュリティ対策のポイントを現場目線でお伝えします。

京セラコミュニケーションシステム株式会社
セキュリティ事業部
KCCS-CSIRT
西井 晃

お申し込み

参加には、事前のお申し込みが必要です。専用のフォームからお申し込みください。

お申し込みはこちら

※同業者様はお申し込みをお断りさせていただく場合があります。
※プログラムの内容は変更となる場合があります。
※定員超過などお申し込み状況により、お断りさせていただく場合があります。
※受付にてお名刺を頂戴しておりますのでご準備お願いいたします。

イベント・セミナー一覧へ戻る

お問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日は除く)