受付終了
神奈川県

第20回 図書館総合展

受付は終了しました。

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、来る10月30日(火)~11月1日(木)、パシフィコ横浜で開催される「第20回 図書館総合展」において、「みんなのそばに図書館を」をテーマに、RPAやAIを活用したさまざまな先進的なソリューションをご紹介します。

また、31日には「RPAとAIで図書館はどう変わる?~さまざまな活用方法をご紹介~」と題しフォーラムを開催します。是非、当社ブースおよびフォーラムへお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

なお、フォーラムの参加には事前のお申し込みが必要です。ページ下部にあります専用のフォームからお申し込みください。

開催概要

名称

第20回 図書館総合展

公式サイト

日程 2018年10月30日(火)~11月1日(木)10:00~18:00
会場 パシフィコ横浜
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
  • みなとみらい線(東急東横線・副都心線直通)「みなとみらい駅」より徒歩約5分
    ※クイーンズスクエア連絡口をご利用ください。雨にぬれずにアクセスできます。(一部施設は除きます)

地図

参加費 展示:無料
フォーラム:事前登録制
主催 図書館総合展運営委員会
企画・運営 株式会社カルチャー・ジャパン(JCC)

詳細

出展内容

ブース番号

展示ホールD-29

出展製品・サービス

公共図書館システム「ELCIELO(エルシエロ)」

シンプルな操作と超高速な検索を実現する「ELCIELO(エルシエロ)」の最新バージョンをご紹介します。デザインを一新、カーリル社の横断検索エンジン採用で、地域の情報発信拠点となる図書館を提案します。さらにRPAやAIを活用したさまざまな活用方法を、デモを交えてご紹介します。

大学図書館システム「CARIN-i(カリン-アイ)」

利用者を知的関心に導くことを追求した図書館システム「CARIN-i(カリン-アイ)」をご紹介します。電子図書館システムをはじめとする外部システムとの連携や横断検索など、充実した利用者サービス機能をご覧いただけます。

電子図書館システム「BookLooper(ブックルーパー)」

電子書籍などの教育利用に実績がある電子書籍配信プラットフォーム「BookLooper(ブックルーパー)」を利用した電子図書館システムをご紹介します。従来の図書館システムとの連携や、読書分析機能によりシームレスな利用環境を提供します。

教育機関向け事務システム「CampusPlan(キャンパスプラン)」「School Engine(スクールエンジン)」

学校経営に必要な学務・財務・総務のすべてが揃ったトータルパッケージ「CampusPlan(キャンパスプラン)」と校務支援クラウドパッケージソフト「School Engine(スクールエンジン)」をご紹介します。
導入実績1,600校(2018年10月現在)

KCCS主催フォーラム

日時

2018年10月31日(水)13:00~14:30

会場

パシフィコ横浜 展示会場2階
第7会場「E-205」

対象

図書館システム担当者の方

定員

80名 ※フォーラムの参加には事前のお申し込みが必要です。専用のフォームからお申し込みください。

講演内容

RPAとAIで図書館はどう変わる?
~さまざまな活用方法をご紹介~

「みんなのそばに図書館を」をテーマに、RPAとAIで図書館はどう変わる?と題しRPAやAIを活用したさまざまな活用方法をご紹介します。また、ゲストには当社図書館システムユーザ様をお迎えし、意見交換会を実施します。

  • RPAやAIとは?
  • RPAやAIの活用方法やデモ
  • 講師および参加者を交えた意見交換会
登壇者

江東区立図書館 館長 上原 新次様
八王子市生涯学習センター図書館 館長 新納 泰隆様
KCCS ICT事業本部 文教・医療営業統括部 事業部長 長野 伸幸

イベント・セミナー一覧へ戻る

お問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日は除く)