受付終了
東京都

情報セキュリティマネジメントフォーラム2017 冬ユーザー事例と考えるセキュリティマネジメントの最前線

受付は終了しました。

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2017年11月16日(木曜日)に開催される「情報セキュリティマネジメントフォーラム2017 冬」のセミナーにおいて講演を行います。

本フォーラムは、専門家、事業会社の情報システム責任者を対象に、""限りあるリソースの中で、情報セキュリティ体制をいかに強化するか?""という点に焦点をあて、最新動向をベースとしたセキュリティ対策や、取り組み事例を共有することを目的としたセミナーイベントです。

KCCSは「人工知能を活用したら、セキュリティ対策はどう変わったのか?~セキュリティ事業と情報システム部門のはざまから~」と題し、CSIRTの立場で「明日からでも利用できる無料ツール」や「自社だけでもできる運用」を交え、社内事例をご紹介します。

当テーマにご関心をお持ちの皆様にご参加いただきたく、ご来場を心よりお待ちしております。

  • セミナー終了後には懇親会が開催されます。ご講演企業様やご参加企業様間での交流、ネットワーク作りにご活用ください。

開催概要

名称

情報セキュリティマネジメントフォーラム2017 冬
ユーザー事例と考えるセキュリティマネジメントの最前線

公式サイト

日程 2017年11月16日(木)9:30~18:00(終了後、懇親会)
会場

TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
東京都新宿区市谷八幡町8
・JR総武線「市ケ谷駅」より徒歩2分
・東京メトロ南北線「市ケ谷駅」7番出口より徒歩1分
・東京メトロ有楽町線「市ケ谷駅」7番出口より徒歩1分
・都営新宿線「市ケ谷駅」4番出口より徒歩2分

地図

定員 200名
参加費 有料(10,000円~)※詳細は公式サイトをご確認ください
主催 リバイバル・マネジメント・フォーラム事務局

詳細

関連テーマ

  • セキュリティ
  • CSIRT
  • SOC
  • Darktrace
  • Netskope
  • プロテクトキャット

KCCS登壇詳細

日時 2017年11月16日(木曜日)11:25~12:05
講演内容

人工知能を活用したら、セキュリティ対策はどう変わったのか?
~セキュリティ事業と情報システム部門のはざまから~

  • 土日祝でも情報収集・意思決定ができる体制・方法
  • AIセキュリティ製品の運用実例
  • セキュリティ対策にかかるコストを下げるための方策
  • 「耐性を実際に評価する」ことの重要性
  • 社員が勝手に情報を外部に持ち出さないための方策

最近あちらこちらで目にするようになった「AIセキュリティ」。当社はこれらの商材をいち早く取り扱い、社内に導入し実験台にしてきました。加えて、CSIRTという社内を守る情報システム部門の立場で、徹底的な運用を行っております。
今回は、取り扱う商材を販売したいという気持ちを少し抑えて、「明日からでも利用できる無料ツール」や「自社だけでもできる運用」を交え、具体的な事例をご紹介します。
みなさんの会社とは少し異なるセキュリティ製品の構成にはなるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

登壇者

京セラコミュニケーションシステム株式会社
セキュリティ事業部 事業部長 兼 KCCS-CSIRT長
岡村 浩成

イベント・セミナー一覧へ戻る

お問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00〜17:00(土・日・祝日は除く)