イベント・セミナー

セミナー

【東京開催】
~顧客動向分析からコミュニケーション最適化まで~
来店検知によりLTV最大化を加速させるモバイル活用O2Oセミナー

お申し込みは終了しました

本イベントは終了しました。

  • イベント・セミナー最新情報はこちら
  • レポートはこちら

近年、PCからスマホへのモバイルシフトが進み、消費者のライフスタイルが変化する中で、スマホを活用したマーケティングに企業の注目が集まっています。

本セミナーでは企業の自社アプリを活用した店舗への集客や店舗内の顧客動向分析に加え、来店検知を含む LTVの最大化について、具体的な事例を交えてご紹介します。


本セミナーが皆様の一助となれば幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

関連テーマ
KANADE APPS、来店検知、O2O、顧客動向分析

開催概要
名称 来店検知によりLTV最大化を加速させるモバイル活用O2Oセミナー
日程 2017年02月07日(火曜日)16:00~17:50(15:30~受付)
※交流会 18:00~19:00 (プログラム終了後)
会場 京セラコミュニケーションシステム株式会社 東京支社
東京都港区三田3-11-34(センチュリー三田ビル)
5Fセミナールーム
都営地下鉄浅草線 「泉岳寺駅」A4出口より徒歩3分
地図
主催 京セラコミュニケーションシステム株式会社
KCCSモバイルエンジニアリング株式会社
参加費 無料
詳細

[ご挨拶]16:00~16:10

[プログラム1]16:10~16:30
モバイル(スマホ)へ急速にシフトする中で、企業が注力すべきO2Oのトレンドとは?

近年、あらゆる世代にスマホが急速に普及し、リアルタイムに消費者の複雑な購買行動を、分析・活用できる時代になりつつあります。特に位置情報を活用したマーケティングには、多くの企業が注目しています。本プログラムでは、現在のスマホの市場状況を振り返り、今後重要となってくるO2Oの動向をご紹介します。

京セラコミュニケーションシステム株式会社
インターネットメディア事業部
商品開発部 部責任者
三谷 陽

[プログラム2]16:30~17:10
実店舗における顧客動向の分析施策

顧客分析の代表的な事例として、POSデータ(購買実績)を活用した分析があります。しかし、それだけでは購買者以外の来店者の行動や、店舗内での移動経路などは分析できません。本プログラムでは、店舗経営における重要指標としての期間比較の必要性や、Wi-Fi技術を利用して簡単に実現できる新規・リピート顧客の動向分析方法をご紹介します。

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社
システム・エンジニアリング営業部
SE営業課 課責任者
櫻井 啓太 氏

[プログラム3]17:10~17:50
店舗への来店を促進し、LTVの最大化を支援する先進コミュニケーション施策

新規顧客の店舗への集客やリピーターの育成は、店舗マーケティングにおいて常に大きな課題です。本プログラムでは、スマホアプリを活用した顧客動向分析の結果をもとに、スマホアプリを活用した顧客のLTV最大化を支援する具体的な施策をご紹介します。

京セラコミュニケーションシステム株式会社
インターネットメディア事業部
デジタルマーケティング営業部 開発営業課
髙山 幸次郎

[交流会]18:00~19:00

お客様の抱える疑問や課題を共有し、情報交換や意見交換をするためのビジネス交流の場です。 軽食もご用意していますので、お気軽にご参加ください。

参加には、事前のお申し込みが必要です。
専用のフォームからお申し込みください。

お申し込みは終了しました

*同業者様はお申し込みをお断りさせていただく場合があります。
*プログラムの内容は変更となる場合があります。
*定員超過などお申し込み状況により、お断りさせていただく場合があります。

【お問い合わせ先】

京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)
KCCSカスタマーサポートセンター
0120-911-901(フリーコール)
050-2018-1827(携帯電話、PHS、IP電話など)
※17:00以降のお問い合わせは自動応答になります。
Webからのお問い合わせは24時間受け付けております。
URL:http://www.kccs.co.jp/
E-mail:kccs-support@kccs.co.jp