管理部門としての総合的な機能と役割を理解し、アメーバ経営定着に向けて基軸となる人材を育成します。経営トップのスタッフとして、全社的な視野を持って各部門の経営をサポートすると同時に、全社の一体感醸成に向けて管理部門の果たす役割について考えます。

対象

経営管理・経理・人事・総務 部門責任者

  • アメーバ経営研究会はアメーバ経営コンサルティング導入企業様を対象としたコースです。

開催スケジュール・カリキュラム

第9期(2018年5月~11月)

第1回:アメーバ経営を支える管理部門の果たすべき機能とは

2018年5月22日(火)10:00~19:30

  • 交流会(18:00~19:30)
第2回:経営の見える化を実現し、全社を牽引する経理・経営管理① 2018年6月21日(木)10:00~18:00
第3回:経営の見える化を実現し、全社を牽引する経理・経営管理② 2018年7月18日(水)10:00~18:00
第4回:人の心をベースとした経営を支える総務人事系管理① 2018年8月22日(水)10:00~18:00
第5回:人の心をベースとした経営を支える総務人事系管理② 2018年9月19日(水)10:00~18:00
第6回:経営改革につながる資材購買の思想と機能 2018年10月19日(金)10:00~18:00
第7回:アクションプラン発表会

2018年11月22日(木)10:00~20:30

  • 懇親会(18:00~20:30)
  • 開催日程・時間・テーマ・内容が変更になる場合もございます。予めご了承ください。

受付は終了しました。

内容

第1回~第6回

  • 「実践経営講座 京セラ会計学編」
    視聴、レポート発表
  • 基調講義~京セラでの実体験~
    京セラグループ実務経験者による講義
  • テーマに基づく講義・グループ討議
  • 「京セラ会計学」に基づく勉強会
  • 管理部門としての体験発表
  • 模擬評価調整会議(第5回)

第7回

自社の改革に向けた管理部門としての取り組みテーマおよびアクションプラン発表

受講料(1名)

400,000円(税抜)

  • 毎回、各テーマに応じて受講者の他に1名の同席が可能です。(上記受講料に含む)

コースの狙い

  • 会社の健全経営の実現、社風改革に向けて、使命感と責任感をもち、物事の本質を追求できる正しい判断基準を身につける
  • 管理本部および自部門のマネジメントの改善を図る(メンバーのスキル向上、業務改善、部門の一体感の醸成など)
  • 管理部門として全社を横断できるコミュニケーション(巻き込み)力を高める

研修の特長

  • 1実務経験者による基調講義

    京セラグループの管理部門実務経験者が各テーマに基づく実践的な講義を提供します。管理部門としての総合的な機能と役割を理解し、事業部門を支える管理部門としてのあり方を学んでいただきます。

  • 2テーマに基づく講義・グループ討議

    各テーマに対する課題を事前に整理していただきます。自社の課題を明確にして会に臨み、また、アメーバ経営を実践する他社の管理部門の課題や取り組み事例を共有することで、自社の管理部門強化のためのヒントを得ていただきます。

  • 3テーマに応じて同伴出席が可能

    「管理部門コース」では、各テーマに応じて受講者の他に毎回1名同席いただくことが可能です。管理部門責任者と現場担当者が課題を共有することで、自社における改革の推進力を強化します。

  • 4アクションプラン発表会

    自社の改革に向けた管理部門としての取り組みテーマと、アクションプランを各社より発表いただきます。自身が推進するテーマを明確にし、行動プランに落とし込むことで具体的な実践へと導きます。

お問い合わせフォーム

教育研修トップへ戻る