概要

エリア放送(エリアワンセグ)は、特定エリアのワンセグ対応端末向けに、その地域でしか視聴できない独自番組を配信するサービスです。地域住民へ向けた緊急放送や災害情報、地域コミュニティ番組などを配信できるほか、観光地やテーマパーク、スポーツ観戦場、ショッピングセンターといった特定エリアにいるお客様へのコンテンツ配信にも活用することができます。

エリア放送の活用例

地域住民向け放送 緊急放送や災害情報、地域コミュニティ番組などを放送
観光地・テーマパーク 観光地では観光情報、テーマパークではアトラクション待ち時間情報などを放送
スポーツ観戦場(サッカースタジアム・野球場) 試合開始までの待ち時間に選手情報、試合中はリプレイ映像などを放送
ショッピングセンター 販促ツールとして、セール・クーポン情報を放送
ライヴ・イベント会場 イベント間の待ち時間に、アーティスト情報を放送
駅・公共機関 エキナカでの消費活性化を目的にエキナカ情報を放送

特長

  • 1通常の広域放送とは異なる特定エリア向けのワンセグ放送

  • 2電波到達範囲は、半径数m~数km(サービス内容によって異なります)

  • 3市販のワンセグ機能付き携帯電話・スマートフォンなどで受信が可能

エリア放送の利用イメージ

気になる番組の続きを自宅で視聴できる「続きリンクシステム」

KCCSは、エリア放送が提供される特定エリアに視聴者が立ち寄ったことを認証する「続きリンクシステム」を開発しました。この技術を利用すると、視聴者は現地で登録を行うだけで、当該エリアで視聴した放送の続き映像を、自宅などのPCでストリーミング映像として視聴することができます。エリア放送と続きリンクを組み合わせることで、番組を最後まで見たいという視聴者の満足度を高めることができ、視聴履歴はマーケティングなどに活用することも可能です。

続きリンクシステム構成例

ワイヤレスソリューショントップへ戻る

  • Webでのお問い合わせ