ニュースリリース
ニュースリリースに記載されている情報は発表日時点のものです。サービス内容や製品ラインナップ、価格など記載内容が最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2017年09月27日

AIを用いた画像認識モデル作成サービス「Labellio」の
有料プランを提供開始
低価格・簡単に高度な技術検証や商用製品への活用が可能に

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下KCCS)は、AIを用いた画像認識モデル作成サービス「Labellio」において、より高度な技術検証や商用製品・サービスに活用できる有料プランを2017年10月30日から提供開始します。

近年、AI関連技術であるディープラーニングを活用した画像認識の精度は、すでに人間が目視するのと遜色ない精度に達し、さまざまな分野において画像認識技術の実用化が期待されています。しかし、画像認識技術を活用するには、人工知能の専門知識、高価な計算環境、ディープラーニング用ソフトウェアのノウハウなどが必要であり、専門家のいない企業にとっては自社単独で取り組むにはハードルが高く、専門家に委託すれば数百万円の費用がかかるのが実情です。

KCCSでは『AIをどこよりも身近に』をコンセプトに、専門知識や特別な環境がなくても、ユーザが用意した画像をアップロードするだけで簡単にディープラーニングによるオリジナルの画像認識モデルを作成できるクラウド型のWebサービス「Labellio」を無償提供してきました。

2016年1月の提供開始以来、国内外の多数のユーザにご利用いただき「Labellio」において数千もの画像認識モデルが作成されてきましたが、サポート体制の充実や、より高精度なモデル作成のための機能拡充に関するニーズがありました。このようなニーズを受けて、専門家によるサポート体制を整え、より高精度な画像認識モデルを作成できる有料プランの提供を開始します。

画像認識技術の活用を検討し始めた方向けの無料(フリー)プランと、高度な技術検証をしたい方、商用製品・サービスに活用したい方向けの利用量やアルゴリズムに応じた有料プランの中から、最適なプランをお選びいただけます。

■「Labellio」の特長

(1) 低価格・簡単に画像認識モデルを作成可能
・月額1,000円からディープラーニングやプログラミングの知識がなくても簡単にPCやスマホで画像の分類ができる画像認識モデルを作成できます。

(2) 高度な技術検証が行えるパラメーター機能
・ディープラーニングの学習回数や学習アルゴリズム、学習率など各種パラメーターを調整することで、より高度な技術検証が可能です。

(3) ダウンロード可能
・作成した画像認識モデルはダウンロードでき、商用製品・サービス・アプリへの組み込みやオフライン環境での利用もできます。
※画像認識モデルのダウンロードはスタンダードおよびプレミアムプランのみとなります。

(4) 専門家からのサポート
・精度をさらに向上させたい時、技術的に困った時には、KCCSのAIサポートチームがチャットを通じて支援します。

■サービス概要
名称 画像認識モデル作成サービス「Labellio」 有料プラン
提供開始日 2017年10月30日
詳細情報 URL:https://www.labell.io/ja/


■価格/有料プラン

プラン名   ライト   スタンダード  プレミアム 
月額料金(税抜) 1,000円 30,000円 150,000円
モデル作成数/月 10 30 制限なし
モデルの保存数 20 50 100
画像の保存容量 10GB 50GB 100GB
1モデルあたりの最大学習回数 1,000 10,000 500,000
アルゴリズム MobileNet
Inception
ResNet
MobileNet
Inception
ResNet
MobileNet
Inception
ResNet
モデルのダウンロード回数/月 0 100 100
API利用回数/月 5,000 10,000 100,000
※月額0円のフリープランもあります。
 モデル作成数/月:10、モデルの保存数:5、画像の保存容量:1GB、
 1モデルあたりの最大学習回数:1,000、アルゴリズム:MobileNet、
 モデルのダウンロード回数/月:0、API利用回数/月:1,000

■「Labellio」の利用イメージ

※画像認識モデルのダウンロードは、スタンダードおよびプレミアムプランのみとなります。


■作成した画像認識モデルの利用イメージ
(例:製造業における外観検査)

KCCSは、今後も手軽に画像認識の技術検証を行えるよう画像認識に関する機能を追加するだけでなく、画像の前処理など技術検証に必要な機能までトータルで提供できるようサービス向上に努めて参ります。また「Labellio」をはじめとするAIを用いた画像認識関連ビジネスで3年後10億円の売上を目指します。


*製品の仕様、提供開始日は予告なく変更させていただく場合があります。
*製品名および会社名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。

このページのお問い合わせ