ニュースリリース
ニュースリリースに記載されている情報は発表日時点のものです。サービス内容や製品ラインナップ、価格など記載内容が最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2017年03月22日

次世代を担う人材を育成する教育サービス「BizArts」を提供開始
~本質を学び見識を身に付けるリベラルアーツを、場所を選ばず手ごろな価格で~

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下KCCS)は、一般財団法人東京大学出版会(所在地:東京都目黒区、以下東大出版会)、株式会社PHP研究所(本社:京都市南区 代表取締役社長 清水 卓智、以下PHP研究所)、ベルリッツ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 松尾 茂樹、以下ベルリッツ・ジャパン)と協業し、次世代を担う人材育成を目的とした教育サービス「BizArts(ビズ・アーツ)」の提供を2017年4月17日から開始します。

ビジネスのグローバル化が進展する中、日本の国際的な競争力は年々失われていると言われています。このような状況下において、多くの企業は、多様な価値観・歴史観を持った人たちと文化の相違を越え、信頼関係を築きビジネスを円滑に進めることのできる人材の育成を迫られています。そして、そのような人材には専門技術やビジネススキルだけでなく、歴史、哲学、宗教、文化を学ぶリベラルアーツをベースとし、物事の本質を見極め、判断ができる能力が必要とされています。
しかし、現在のリベラルアーツ教育は、大学における取り組みは広がりつつあるものの、社会人を対象としたものは、一部のビジネススクールで行われるに留まっています。リベラルアーツは、多忙なビジネスパーソンにとって時間と費用の観点で容易に学べる状況ではありません。

BizArtsは、現場リーダー層(課長層)や新社会人など将来を期待されるビジネスパーソンが学ぶべきリベラルアーツの教育コンテンツや、京セラ株式会社 名誉会長 稲盛 和夫、松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社) 創業者・株式会社PHP研究所 創設者 松下 幸之助の経営実学コンテンツなどをオンラインで提供する教育サービスです。時間や場所を気にせず学習でき、手ごろな価格でご利用いただけます。本サービスでは、教育コンテンツを学ぶだけでなく利用者間の交流を実現し、新たな気付きを得ることにより継続的な学習を支援します。また企業独自の教材でコンテンツを作成・配信することが可能で、企業内研修にも活用できます。

BizArtsの提供にあたり、企画およびプラットフォームの開発をKCCSが担当します。リベラルアーツの教育コンテンツ制作は東大出版会が行い、松下幸之助の経営実学コンテンツはPHP研究所から提供されます。またプロモーションおよび販売については、ベルリッツ・ジャパンが行います。

今後、プラットフォームやコンテンツの開発を進め、2017年4月17日から順次、企業・大学・個人向けの商用サービスを展開します。BizArtsは文化の相違を越えた魅力ある人材の育成を目指して参ります。

■概要

名称

オンライン教育サービス「BizArts(ビズ・アーツ)」

BizArtsロゴ

提供開始日 2017年4月17日
価格 1ユーザ:1,250円/月(税込)
詳細情報 URLhttp://www.kccs.co.jp/bizarts/index.html

■特長

特長

■リベラルアーツ教育コンテンツ例

リベラルアーツ教育コンテンツ例

■経営実学コンテンツ

経営実学コンテンツ

*稲盛和夫の関連コンテンツは京セラ株式会社から提供。

■利用イメージ

パソコン・スマートデバイスでご利用いただけます。

利用イメージ

■代表的な利用シーン

代表的な利用シーン

*サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

このページのお問い合わせ