ニュースリリース
ニュースリリースに記載されている情報は発表日時点のものです。サービス内容や製品ラインナップ、価格など記載内容が最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2016年07月26日

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
メディアのデザインと親和性の高い表現へクリエイティブを自動変換

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下KCCS)は、広告配信サービス「KANADE DSP」が、スマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を2016年7月26日から開始することを発表いたします。

ネイティブ広告は、掲載するメディアの特性に合わせた広告を配信する手法であり、今後もさらなる普及が予想されています。今回のサービスは、株式会社ヒトクセ(本社:東京都新宿区 代表取締役 宮崎 航)がもつ技術を活用したもので、広告を表示するWebサイトの背景色やフォントなどのデザイン情報を自動解析し、メディアのデザインに最適化されたネイティブ広告をディスプレイ広告枠に配信します。

ディスプレイ広告枠に対して、親和性の高いデザインへ最適化した広告を配信することで、通常のバナー広告より高い広告効果が見込まれます。

親和性の高いデザインへ最適化した広告を配信


文章とアイコン画像を準備しておけば自動的にそれぞれのWebサイトのデザインに最適化された広告を生成します。

Webサイトのデザインに最適化された広告を生成


KCCSは今後も、スマートフォン向け広告配信の強化に向け、ネイティブ広告枠の拡充に努めるとともに、広告主様のキャンペーン戦略に合わせた広告表現で、マーケティングのROI最大化を支援いたします。

<「KANADE DSP」について>
KANADE DSPは、ユーザごとの興味・関心に合わせて広告をパーソナライズする「パーソナライズリターゲティング」、潜在顧客を抽出し自社サイトへの訪問を促す「オーディエンス拡張」、狙ったセグメントへのブランド認知を促進する「プロファイルターゲティング」など、広告主様のキャンペーン戦略に応じた広告配信を可能とするサービスです。従来のリターゲティングではリーチできなかった広告主様サイトとの親和性が高い、興味・関心層(潜在顧客)に広告を配信し、優良顧客の獲得に貢献します。

▼広告配信サービス「KANADE DSP」についての情報はこちら
URL:http://www.kccs.co.jp/kanade/dsp/

*サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

このページのお問い合わせ