PCI DSS 準拠支援ソリューション

サービス 概要

PCI DSS準拠要件とのギャップ分析により効率的なセキュリティ対策をご提案

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)は、カード会員のクレジットカード情報や取引情報を保護するために、国際的なカードブランドであるVISA・JCB・MasterCard・American Express・Discoverの5社が共同で策定したグローバルなセキュリティ基準であり、カード会員データを取り扱う(保存・処理・伝送)すべての事業体に適用されます。
PCI DSSに準拠するためには、カード会員データの保護、脆弱性管理、アクセス制御、ネットワークの監視とテスト、情報セキュリティポリシーに関する12の要件を満たすことが要求されます。
KCCSでは、PCI DSSが規定する準拠要件をセキュリティ対策のテンプレートとして活用する場合に、お客様のご要望や状況に合わせて、セキュリティ対策のギャップ分析を実施し、効率的なセキュリティ対策のご提案を行います。

PCI DSSに準拠するには

特長

KCCSが提供するPCI DSS準拠支援

KCCSは、多くのお客様へのPCI DSS準拠支援の実績をベースとして、クレジットカード関連企業の皆様のPCI DSS準拠をサポート。PCI DSSで求められる12の要件に関して、PCI DSS準拠や維持をトータルでご支援します。また、「D@TA Center(データセンター)」を活用したシステム運用のフルアウトソーシングもご提供しています。

一般企業にも有効なPCI DSS

PCI DSSは、クレジットカードに関連する企業にとどまらず、クレジットカード情報と同等レベルの機密情報を扱う企業の情報セキュリティ対策にも有効です。多くの企業では、個人情報保護法や日本版SOX法などに対応するためにさまざまなセキュリティ対策を実施してきました。PCI DSSが規定する準拠要件は定量的・具体的に示されているため、一般企業のセキュリティ二重投資や不足している対策を明確化し、将来にわたるセキュリティの効率的な対策につなげることができます。

KCCSカスタマーサポートセンター お問い合わせ・資料請求