ITライフサイクル管理

サービス 概要

IT資産のライフサイクルをトータルで管理

ITライフサイクル管理(LCM)とは、お客様のIT環境改善に向けた戦略の策定、設計から移行、運用、継続的改善までをサポートし、IT資産のライフサイクルをトータルで管理するサービスです。パソコンやタブレット、スマートフォンなどのクライアント端末の選定・調達から、デスクトップ環境の設計、セキュリティ対策・ライセンス管理・問い合わせ対応・リプレースまで一貫してサポートします。なお、システム運用のLCMは運用支援サービスにてサポートします。
*LCM:Life Cycle Managementの略称で、製品の購入計画から導入、運用、破棄という一連の流れを管理する手法や取り組みを指す。

概要図

特長

お客様の運用負荷を削減

お客様はシステム運用の負荷軽減と運用コストの削減が可能となり、よりお客様の本来業務に専念していただけます。

正確な情報管理が可能

IT資産の棚卸しや正確な情報管理が可能となることで、内部統制や情報セキュリティの対応を強化することができます。

継続的な運用改善を支援

日常的な運用業務を踏まえて、KCCSより新しいソリューションをご提案させていただくことで、お客様の業務の効率化と生産性の向上を継続的に支援します。

ITサービス利用者の満足度向上と業績向上に貢献するサービスデスク

KCCS サービスデスクには、システム構築と運用のエンジニアが集結し、利用者に対する迅速なサポートとお客様の業務に適切なITの導入をサポートします。

KCCSカスタマーサポートセンター お問い合わせ・資料請求